再開後のラスベガスは安全?ホテルの新型コロナ感染防止対策について

シーザーズパレス スポーツブック

2020年3月18日に突然閉鎖してから2か月半を経て、ラスベガスの多くのカジノホテルが再オープンしています。

営業再開に際し、ホテルは客・従業員が新型コロナウィルスに感染しないよう対策を講じることを求められました。

感染防止策はアメリカ疾病管理予防センター、南ネバダ保健局、ネバダゲーミング管理委員会などが示したガイドラインに基づき、カジノホテル運営会社ごとに独自に作成。独自と言っても大きな違いは見られませんが。

どのような安全対策・感染防止対策を講じているのでしょう。

ラスベガスすべてのカジノホテルで実施している対策をまとめてみました。
運営会社ごとの対策はホテルのウェブサイトなどで確認を。

ストリップ地区のカジノホテル運営会社とおもな系列ホテルは下記のとおり

運営会社 系列ホテル
MGMリゾーツインターナショナル ベラージオ、MGMグランド、ニューヨークニューヨーク、アリア、パークMGM、ミラージュ、マンダレイベイ、ルクソール、エクスカリバー
ウィンリゾーツ ウィン、アンコール
シーザーズエンターテイメント シーザーズパレス、フラミンゴ、ハラス、リンク、プラネットハリウッド、パリス、バリーズ、クロムウェル
ラスベガスサンズ ベネチアン、パラッツォ
フィル・ラフィン氏所有 TIトレジャーアイランド、サーカスサーカス
コスモポリタン




ホテル全館における感染防止対策

基本はどこでも同じソーシャルディスタンス確保マスク着用手洗い・消毒の3つ。体温測定を全員に実施するホテルも。
ホテル側は掃除・清掃をしっかりおこなっている、と思いたい。

ソーシャルディスタンス確保

密接・密集にならないために、とにかく他者と距離をあけよう!

ベネチアンホテル ソーシャルディスタンス確保を求めるボード

ソーシャルディスタンスを促すボード ベネチアンホテル

密接を避ける

アメリカの社会的距離は6フィート(1.8メートル)

列ができるようなところには、前の人と1.8メートル以上の距離が保てるように立ち位置をマーク。マークの上で待ちましょう。

ウィン ソーシャルディスタンスマーク

ソーシャルディスタンスマーク ウィンホテル

密集を避ける

カジノ、レストラン、小売店のキャパシティは定員の50%まで。

パリスホテル エレベーター

パリスホテル

エレベーターも密集・密接を避けるため、客室行き・パーキング行きの1台の定員は4人としています。

マスク着用

アリア マスク着用マーキー

マスク着用はマスト アリアホテルのマーキー

ネバダ州にマスク着用令が発令

ネバダ州では6月26日から、公共の場所においてマスクを着用することが義務となりました。

ネバダ州にいる10歳以上の人は住民も旅行客も、屋内の公共の場所と、他者と1.8メートル以上の距離を取ることが困難な屋外の公共の場所では、マスクやフェイスカバーを着用しなければなりません。
ホテルにいる時やカジノをしているも時マスクが必須です。

なお、違反に対する罰則は設けられていません。

詳細:ネバダ州にマスク着用令が発令

3社がマスク着用を義務化

シーザーズパレス シーザー

シーザーもマスク着用 シーザーズパレスホテル

シーザーズエンターテインメント、MGMリゾーツインターナショナル、ウィンリゾーツの3社は、系列ホテルにおいてマスク着用を義務化すると発表しました。
宿泊客や遊びに来た人も含め、ホテルにいるすべての人が対象。

マスク着用を拒否した場合、ホテルから退去することを求めるようです。

詳細:ホテルもマスク着用を義務化へ

マスクを配布

マスクを忘れても大丈夫。ホテルは客の求めに応じてマスクを提供することになっています。

MGM系列

ベラージオ 

マスク(左)と手袋(右)中央は手の消毒液 ベラージオホテル

ホテル内数か所に使い捨てのマスクとゴム手袋のスタンドを設置。ゴム手袋まで用意しているのは多分MGMリゾーツだけ。

シーザーズ系列

セキュリティから受け取ることができるほか、カジノカードをつくるところ、フロントディスクでももらえます。

シーザーズパレス マスクスタンド

マスクスタンド シーザーズパレスホテル

シーザーズパレスホテルでは、玄関やカジノフロア数か所にマスク配布のスタンドを設置しました。

ウィン系列、サンズ系列

ウィンホテル 玄関前

左のスタッフからマスクをもらえました ウィンホテル

玄関でスタッフが使い捨てのマスクを配布。マスクが欲しいと伝えるとトングでつまんで渡してくれます。

手洗い・消毒

ハンドサニタイザーを設置

フラミンゴホテル ハンドサニタイザー

ロビーのハンドサニタイザースタンド フラミンゴホテル

ウィルス感染を防止するため手洗いは欠かせない。でも、ひんぱんに手を洗いに行くのはなかなか難しい…ということで、ホテルのパブリックスペースあちこちにハンドサニタイザー(手の消毒液)が置かれています。

ハンドサニタイザー設置場所

玄関、通路やエレベーター前、トイレ前、カジノフロア、レストラン、バーなど見つからないところを探す方が難しいほど。

コスモポリタン 玄関

コスモポリタンホテル 玄関

コスモポリタン エレベーター前

コスモポリタンホテル エレベーター前

びばラスベガス
コスモポリタンホテルのハンドサニタイザーは高さがおかしいと思う

ウィン系列は2つのホテルで合計300、サンズ系列では2つのホテル合計で100あまりのハンドサニタイザーを置いているそう。

MGMリゾーツは洗面台を設置

ベラージオ カジノ内洗面台

ベラージオホテル

MGM系列は新たに洗面台をつくり、カジノフロア内数か所に配置しました。ここで手を洗うのはちょっと勇気がいるので、今のところ掃除スタッフが利用しているのしか見ていません。
洗面台の横面にもマスクと手袋が置いてあります。

体温測定

華氏100.4度(摂氏38度)以上の熱がある宿泊客以外の人は、ホテル入館拒否される可能性も。

宿泊客

シーザーズパレス 検温のお知らせボード

シーザーズパレスホテル

宿泊客はチェックイン時に体温測定が義務化。
摂氏38度以上の発熱が認められると、宿泊拒否と明言はしていませんが、医療機関に相談することを勧められるようです。

ホテルに入る全員を検温するところも

ホテルに遊びに来た人の検温は義務ではありません。

しかし、ウィン系列、サンズ系列のホテルとコンベンションセンターは、宿泊する・しないに関わらず玄関を入るすべての人の体温をサーマルカメラを使い検温。
華氏100.4度以上あれば別の場所で再検温を実施します。

ウィンホテル 玄関

ウィンホテル モール側玄関

ウィン系列は一度めの検温で華氏100.4度以上の場合、別の場所で健康状態の聞き取りと再検温を実施。再度100.4度以上になると宿泊客以外ホテルに入ることはできません。

清掃・消毒

パリスホテル 玄関ドア掃除

玄関ドアの掃除 パリスホテル

玄関ドアノブ、エスカレーターの手すり、エレベーターのボタンなど客が常時触れるところを何度も清掃・消毒します。


カジノの感染防止対策

密接・密集を防ぐため、カジノエリアにいる人数はキャパシティの半分以下としています。

マシンゲーム

ソーシャルディスタンス確保

アンコールホテル スロットマシンもソーシャルディスタンス

アンコールホテル

隣の人と近づきすぎないよう2台並んでいるマシンは片方、3台とか4台連なっているマシンは中央のマシンが使用できません。
稼働していないマシンのイスは撤去されました。

清掃・消毒

コスモポリタン スロットマシンの清掃

コスモポリタンホテル

マシンは一日のうち何度も掃除・消毒されます。

びばラスベガス
スロットマシンを掃除するスタッフを目にすることはコロナ前より確実に多くなりました。ちゃんと掃除してます。

除菌シート

パリスホテル スロットマシン消毒シート

パリスホテルはスロットマシンを自分で拭くように除菌シートを用意。他のシーザーズ系列ホテルにもあると思う。
ウィンリゾーツ系列にも置いてます。

ATMもソーシャルディスタンス

シーザーズパレス カジノ

シーザーズパレスホテル

マシンゲームのバウチャーを現金化するATMも社会的距離をとって。2台並んでいるものは片方しか稼働していません。
ATMに並ぶ時は前の人と1.8メートル以上間隔をあけましょう。

テーブルゲーム

コスモポリタン プレーを見る人たち

密です! コスモポリタンホテル

ソーシャルディスタンス確保

ひとつのテーブルに座るプレイヤー数を半減。ネバダゲーミング管理委員会が定める各ゲームのテーブル1台あたりの定員は

ブラックジャック3人、ポーカー4人

シーザーズパレス テーブルゲーム

シーザーズパレスホテル

ルーレット4人

ベラージオ ルーレット

ベラージオホテル

クラップス6人

コスモポリタン クラップス

コスモポリタンホテル

ポーカールームの定員は上記と別。ベラージオは1テーブル6人、シーザーズパレスは1台5人

シーザーズパレス ポーカールーム

シーザーズパレスホテル

テーブルに仕切りを設置

MGM系列、ウィンリゾーツ、コスモポリタンホテルは一部のテーブルに透明な仕切りが取り付けられています。

MGM系列

ベラージオホテル テーブルに仕切り版を設置

ベラージオホテル

仕切りはディーラーとプレイヤーの間、プレイヤーとプレイヤーの間を隔てるように設置。

拡大すると↓

MGMグランド テーブルゲーム

ディーラーとの間 MGMグランドホテル

MGMグランド テーブルゲーム

プレイヤーとプレイヤーの間 MGMグランドホテル

びばラスベガス
テーブルの上の空間は高さおよそ23センチ。ビールびんより低いくらいなので、びんをぶつけ酒をこぼす人が多発しそうなのが心配。

仕切りテーブルで遊んでいるところを見ると、それほど窮屈そうでもない?

ベラージオ カジノ

再オープン日にメディアに囲まれるプレイヤー ベラージオホテル

びばラスベガス
仕切りテーブルでプレーした人には「おもしろくない」と不評でした。
プレーヤーに評判が悪かったのか、テーブルの一部に仕切りをつけていない系列ホテルもあります。
ベラージオ クラップス

ベラージオホテル

クラップステーブルもプレイヤー間に仕切りを設置。

ウィン系列

ウィンホテル テーブルゲームの仕切り

ウィンホテル

ウィン系列はテーブルの端から少しディーラー寄りに仕切りを取り付けています。プレイヤーとプレイヤーの間にも仕切りあり。

掃除・消毒

シーザーズパレス テーブルを拭くディーラー

テーブルを拭くディーラー シーザーズパレスホテル

シーザーズパレス スロットマシンの清掃

ルーレット専用チップ?の消毒 シーザーズパレスホテル

トランプ、トランプをシャッフルするマシン、さいころ、ルーレット、カジノチップボックスと、テーブルとあらゆる備品を清掃・消毒。

カジノチップはキャッシャーに戻ってから消毒されるようです。

ノンスモーキング

MGM系列

今までも禁煙のマシン、テーブルゲームは存在しましたが、あまり認識されていなかったような?
MGM系列のホテルはカジノ再オープンに際し、禁煙エリアを設けました。

カジノフロアの中に大きなサインボードを設置。このあたりで喫煙できないことが一目瞭然に。

エクスカリバー 禁煙エリア

禁煙エリア エクスカリバーホテル

MGM系列パークMGMホテルは、ラスベガス初のノンスモーキングカジノとして再オープンするという噂です。
パークMGMの営業再開日はまだ決まっていません。

サンズ系列

ベネチアンホテルとパラッツォホテルは、すべてのテーブルゲームにおいて、プレイヤーとプレーを見る人にタバコおよび電子タバコを吸わないよう求めています。

ウィン系列

仕切りのあるテーブルゲームでは喫煙可。仕切りのない台はタバコ、電子タバコとも吸うことはできません。



レストランの感染防止対策

ベラージオ Sadelle's Cafe

Sadelle’s Cafe ベラージオホテル

ソーシャルディスタンス確保

客数は定員の半分以下、テーブルとテーブルの間は1.8メートル以上の距離を確保しています。

予約は必須。予約がなくても入れますが、満席のときは店の外で待機。店の中で待つことはできなくなりました。

バフェは閉鎖

パリスホテル バフェ閉鎖中

パリスホテル

従来のサービスのままバフェを開けるのは難しそう。
ウィンホテルとコスモポリタンは食べ放題はそのままにサービスを変え再営業中。シーザーズパレスが8月下旬に再オープンを予定。

ウィンのバフェ↓

ウィン バフェ

【再休止】ウィンのバフェが新形態!フルサービスバフェとして再オープン

2020-06-24

コスモポリタンのバフェ詳細:コスモポリタンホテルのバフェ、営業再開

バーが再び閉鎖

シーザーズパレス バー閉鎖

シーザーズパレスホテル

ネバダ州のコロナ感染者数・入院患者数増加を受け、バーが再び休業しました。

レストラン内のバーカウンターも閉鎖しましたが、アルコール飲料は自分のテーブルで注文することができます。

アトラクション/劇場/クラブ

アトラクション

ベラージオホテルの噴水ショー、植物園のような密集・密接しがちなアトラクションには、ソーシャルディスタンスを保つため立ち位置が示されています。

ベラージオ 噴水ショー

噴水ショー見学の立ち位置 ベラージオホテル

ベラージオホテル植物園の感染防止対策について↓

ベラージオ植物園 キティ

ベラージオの植物園で関西と出会う、関西を旅する

2020-06-29

ゲームセンター

ゲームセンターも密集・密接しないよう使えるマシンを限定しました。マシンは1台おきに稼働しています。

ニューヨークニューヨーク ゲーセン

ニューヨークニューヨークホテルのゲームセンター

劇場

シルク・ドゥ・ソレイユをはじめとするショー、コンサートはまだ開けることができません。

ベラージオホテル オー劇場

オー劇場ボックスオフィス ベラージオホテル

ナイトクラブ・ディクラブ

ナイトクラブもまだ閉鎖中。

アンコールホテル XSナイトクラブ

XSナイトクラブ アンコールホテル

ディクラブは営業をしているところもあります。ただし従来のディクラブとしてではなく、21歳以上入場可のリゾートプールに姿を変えました。要予約

マーキーディクラブ(コスモポリタンホテル)、アンコールビーチクラブ(アンコールホテル)が営業中。アンコールビーチは昼は宿泊客用のプールとして、夜は大人のリゾートプールとして使用。

7月2日にウェットリパブリック(MGMグランドホテル)とリキッド(アリア)がオープン

なお、宿泊客用プールは、ソーシャルディスタンスを確保しながら利用することができます。

従業員に対する感染防止対策

MGMグランドホテル ロビー

MGMグランドホテル ロビー

マスク

従業員はマスク着用が義務

検温

従業員の体温測定は義務ではありませんが、多くのホテルで就業前に検温を実施。摂氏38度以上の発熱があるとシフトに入ることができないとしています。

新型コロナに感染が確認されたら

感染が確認された従業員は出勤を停止し、再検査で陰性となるまで職場に復帰できません。あわせて濃厚接触者を追跡。

レストラン従業員が感染した場合、上記に加えレストランを数日間閉鎖し消毒を実施します。

感染防止対策は守られている?

ベラージオホテル 感染予防対策ボード

コロナ感染を防止する対策についてのボード ベラージオホテル

どの運営会社も会社側は対策を徹底しているように見受けられます。

客側はどうかというと、マスク着用令が出る前はマスクなしの方が多く、密になっても気にかけていないようでした。

マスク着用が義務化されてからは、みんなちゃんとマスクをしています。少なくともマスクのことは守っています。

やればできる!ストリップ地区はマスク着用率ほぼ100%に(マスク義務化後)
新型コロナのこと忘れてる?カジノは密でマスクなし(マスク義務化前)

ベラージオ カジノフロア

ラスべガスにファンファーレ響く!6月4日カジノ再オープンの記録

2020-06-06
アリアホテル マーキー

【ホテル】オープン済み・再オープン予定日リスト

2020-05-26