ラスベガスのコロナ感染対策について/アメリカ入国・日本帰国時の措置について

【ベラージオの植物園】氷の女王の国にホリデーシーズン到来

ベラージオ植物園

ベラージオの植物園がホリデーシーズンの展示に変わりました。

氷の女王の国でもクリスマスの準備に大忙しです。



ベラージオ植物園

氷の女王とシロクマの親子

女王のドレスはプリザーブドフラワー、胡蝶蘭、ヤシの葉で飾られています。
おかあさんクマは10000本のカーネーションからできていて、毎日の水やりが欠かせません。

7000個のLEDライトと2500個のオーナメントが輝く、クリスマスツリーの高さは13m。

ベラージオ植物園

はしゃぐ子グマたちを見守るおとうさんクマ
子グマにはそれぞれ2500本のカーネーションとあじさい、おとうさんクマには12000本のあじさいが使われています。

ベラージオ植物園

そのそばでクマたちの食料袋の上にすわり、エルフがポインセチアを飾り中。

※エルフはサンタの手伝いをする妖精。プレゼントにするおもちゃを作ったり、クリスマスが近くなると子どもたちが良い子にしてるか毎日家に確認しに来たりします。
この植物園のエルフは、女王の城でクリスマスの準備を手伝っているようです。

ベラージオ植物園

女王の城に続くブリッジは3300本のプリザーブドローズ、90キロのタピオカパールを使い作られました。

ベラージオ植物園

女王の部屋ではエルフたちがクリスマスの飾り付けに大忙し。
そんな中、なんということでしょう、ワンコがプレゼントを開けてしまいました!

ベラージオ植物園

ホリデーシーズンの展示は構想とデザインに6ヶ月を要したそうです。

ベラージオ植物園

展示期間中、28000本のポインセチア、カーネーションやあじさいなどポインセチア以外の花は34000本が使われます。

ベラージオ植物園

展示は2020年1月4日まで

ベラージオ植物園
入場無料。無休、24時間オープン

過去の展示は ➡ ベラージオ植物園 アーカイブ