アメリカ入国審査の混雑回避!モバイルパスポートコントロールが神すぎる

サンノゼ空港

アメリカの入国審査の長い待ち時間を短かくすることができる「モバイルパスポートコントロールMobile Passport ControlMPC))」というスマホアプリをご存知ですか?

入国手続きの簡略化や待ち時間を短縮するためにCBP米国国境警備局が提供するアプリで、申請や利用は無料。申請者は入国審査の際、MPC専用レーンに並ぶことができます。

MPCを申請したからといって入国審査が免除されるわけでも入国が保証されるわけでもありません申請者も入国審査を受けます。

でも待ち時間が短いだけでも疲れが吹き飛ぶのでは?対象者なら神システム「モバイルパスポートコントロール」の申請を心からすすめます!!

入国審査が爆速だった!

サンノゼ空港
サンノゼ国際空港 2024年6月24日

本当に待ち時間が短くなるの?2024年6月にサンノゼ国際空港でアプリを使い入国してみました。

MPCがあまり周知されてないこと、私たちの飛行機より先に到着して審査を受けている人がほぼいなかったこともあり、専用レーンにいたのは私だけ。
レーンの先頭に着いた瞬間に「next」と呼ばれました。

待ち時間0!過去最速!!

あまりの早さに自分が呼ばれたって気づかなかったほど。

入国審査ではパスポートなどの渡航書類に加え、”モバイルパスポートコントロールを申請した”という証拠としてMPC Receipt画面を表示したスマホも一応提示。審査官はスマホは見なかったですが。

入国手続き簡略化に関しては、審査時に顔写真を撮影しなかったことくらい?質問も指紋スキャンもありました。税関の質問はなかったです。

モバイルパスポートコントロール申請前に知っておきたいこと

最新情報を確認

申請の前にはMPCのウェブサイトMobile Passport Control (MPC)で最新情報/詳細を必ず確認して。登録方法等は変更されることがあります。
ウェブサイトとモバイルパスポートコントロール申請は2024年7月時点では英語のみ。
※下記は2024年7月5日時点の情報です。

MPC対象者

ESTA申請者かつESTA認証による渡航が2回目以降の人
アメリカ永住権保持者
アメリカ市民
カナダ国籍で米国B1/B2ビザ保持者

一度に同行する家族12人(自分を含め)まで申請可

利用できる空港/港

ラスベガス、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトルなどを含む51か所の空港や港。カナダでアメリカの入国審査を受ける場合も利用できます。

日本人旅行者が入国するような空港はほぼ利用可。利用できる空港の確認はMPCウェブサイトで。

インターネットが必要

入国審査を受ける空港に到着後、申請フォームならびに顔写真を撮影してアップロードします。この時インターネットに接続するためWi-Fiやモバイルデータ通信が必要になります。

空港の無料Wi-Fiを利用する、または携帯電話会社のローミングサービスを利用する、SIMやWi-Fiルーターなどをあらかじめ日本から用意するなどして。

なお、申請フォームの登録にはインターネットは必要ありません。機内モードでも登録できます。

SIMカード、eSIMを見る

Wi-Fiルーターをレンタルする

モバイルパスポートコントロール登録方法

アメリカ/入国する空港に到着前まで

※下記は2024年7月5日時点
※画像はアンドロイド(一部iPhone)のアプリ画面です。

STEP

アプリをインストール
App StoreやGoogle Playで「MPC」または「Mobile Passport Control」と検索しアプリをインストール

MPCアプリのダウンロード

アプリを立ち上げる
最初に使い方などが4ページ(↑左から4つめまで)にわたり表示されます。
”Skip”で一気に飛ばす、または”Next”をタップし4ページめは”Let’s Go”をタップ

STEP

Security Notice
ここには免責事項などが記載されています。同意なら下までスクロールし”Agree”をタップ

セキュリティ・ノーティス

What’s new
Security Noticeのあとはアプリの最新情報などをお知らせする”What’s new”が表示されます。”Let’s Go”をタップし次へ

STEP

申請をはじめましょう
(3)”New Submission”をタップ

(1)ユーザーズガイド、(2)利用可能な空港/港の一覧、(4)申請フォーム、登録終了後は下記Step16の画面が表示、(5)申請者を表示、(6)ユーザーズガイドなど

MPCアプリ
STEP

入国手段を選択
”航空機”または”船”から選択

入国方法を選択
STEP

入国する空港/港を選択
(1)枠内をタップし入国する空港/港を選択→(2)”Proceed”をタップ

入国する空港/港を選択

アメリカに到着してから申請する場合、”◯◯空港の近くにいますか?”というポップアップが立ち上がります。
あっていたら”Yes”を、間違いなら”No”をタップし正しい空港などを選択して。

STEP

入国審査を受ける人の申請開始
”Select Travelers”をタップ→次のページの”Add Traveler”をタップ

申請者の登録
STEP

申請者の渡航書類を選択
(1)アメリカパスポート、(2)カナダパスポート、(3)グリーンカード、(4)ESTAから選択→(5)Proceedをタップ

渡航書類を選択
STEP

申請者のフルネームを登録
”Surname”は名字、”Given Name”は名前。パスポート通りに!!
入力が終了したら”Save”をタップ
注)iPhoneのアプリは”Given Name”→”Surname”という順番。また”Save”は右上にあります。(2024年6月時点)どちらが先か確認してから入力を!

※ESTAおよびグリーンカード保持者が登録するのは名前だけです。
※ここのカメラマークから撮影したものは申請者のアイコンになります。到着後の顔写真アップロードには利用できません。

名前を登録
STEP

4ケタの暗証番号を設定
4ケタの数字を登録。暗証番号は忘れないように。

暗証番号設定→次のページで確認のため暗証番号をもう一度入力

暗証番号を設定

生体認証を利用したログインの設定
ログインに生体認証(顔認証、指紋認証など)を利用することもできます。
利用するなら”Enable Biometric Login”をタップし生体認証登録へ。必要なければ”Skip”をタップして次へ。

STEP

他の同行者の申請同行者がいない/すべての同行者の申請が完了
他の同行者を申請する場合は(1)Add Travelersをタップし上記Step7ーStep8を繰り返す
同行者がいない/すべての同行者の申請が完了したら(2)の名前横の□にチェックを入れ(3)Doneをタップ

他の申請者の登録
STEP

申請者が表示される
申請した人の名前の一覧が表示されます。間違えなければ”Proceed”をタップ

申請者の登録が完了
STEP

”Security Notice”が表示
同意するなら下までスクロールし”Agree”をタップ

セキュリティ・ノーティス
STEP

税関申告
ここからは税関の質問が6つ続きます。質問には”Yes”か”No”で回答。申告は申請者全員で1通のみ。

質問(2024年6月28日時点)
英文はStep15のCBP QUESTIONS参照
Q1)市販用商品を所持していますか?
Q2)現在、通貨または金融商品にして1万ドル以上の米ドル、またはそれに相当する外国通貨を所持していますか?
Q3)海外で取得し、免税範囲を超えて米国に持ち込む物を持っていますか?米国居住者の免税範囲は通常800ドル、フライトクルーは200ドルです。
Q4)果物、野菜、植物、種子、食物、昆虫、肉または肉製品、乳製品、動物または動物/野生動物製品、カタツムリ、土壌を所持していますか?
Q5)家畜の近くにいましたか(接触、扱いなど)?または米国外の農場/牧場/牧草地を訪れましたか?
Q6)病原体、細胞培養または生物学的研究材料を所持していますか?

税関申告
STEP

ESTAの場合は旅行の目的を回答
申請者の名前をタップ→(1)ビジネスは”WB”(Visa Waiver Visitor for Business)、観光は”WT”(Visa Waiver Visitor for Pleasure/Tourism)を選択→(2)”Save”→(3)”Prceed”をタップ

ESTAで申請者は質問に回答
STEP

登録内容をレビュー
登録内容を確認できます。
(1)登録内容すべてに正直に正確に回答しているなら□をタップしてチェックを入れる→(2)”Save CBP Form”をタップ

MPレビュー画面
レビュー
レビュー
STEP

登録完了
’Have you arrived at 入国する空港/港”という画面(↓)になったら登録完了。次はアメリカ到着後です。
”View Saved Form”から登録した内容を見ることができます。
※画像↓はサンノゼ国際空港で入国したときのもの

申請完了

アメリカ/入国する空港に到着後

STEP

入国する空港/港に到着したら
インターネットに接続→アプリをひらき”Yes, Submit Now”をタップして申請を提出→アプリの指示に従い申請者の顔写真を撮影しアップロード

写真は帽子、サングラス、マスク等は取り顔全体がはっきり見えるように撮影して。他人の顔が写り込まないよう注意。

到着後にMPCをひらく
STEP

申請成功!
アップロードが成功すると↓が表示されます。モバイルパスポートコントロールは4時間有効です。

アップロード成功
STEP

入国審査へ
”Mobile Passport”や”MPC”などの表示のあるレーンに並びましょう。

レーンがどこかわからなければ、入国審査のレーン前にいるスタッフにアプリのMPC Receipt画面を提示しレーン番号を教えてもらいます。

サンノゼ国際空港の表示
サンノゼ国際空港 2024年6月24日

無事入国したら→預けた荷物をピックアップ→税関を通り→空港の外へ/乗り継ぎ便へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です