サンフランシスコ国際空港乗り継ぎ 国内線から国際線へ

サンフランシスコ乗り継ぎ

日本への直行便のないラスベガスから帰るには、必ずどこかで乗り継ぎをしなければなりません。
米系や日系航空会社利用ならアメリカのどこか、エア・カナダはカナダのバンクーバーあたり?、コリアンエアーで来るなら仁川空港で。

いくつかある乗り継ぎ地の中で、多くの人が利用するのがサンフランシスコ。ユナイテッド航空のハブ空港のひとつです。

国内線から国際線への乗り継ぎがユナイテッドとANAならサンフランシスコが早い・簡単でした!



サンフランシスコ国際空港について

サンフランシスコ国際空港は、カリフォルニア州サンフランシスコから南におよそ20キロのところに位置。
一年間におよそ5,500万人が利用するそうです。

SFO_Terminal_Map.svg

By Federal Aviation Administration (PDF source file from FAA) [Public domain], via Wikimedia Commons

ターミナル数は1から3と国際線の合計4。

ラスベガスから日本行きのフライトで利用されそうな、航空会社と使用ターミナルは

  • ターミナル1 デルタ航空 サウスウエスト航空
  • ターミナル2 アメリカン航空
  • ターミナル3 ユナイテッド航空国内線
  • 国際線ターミナルGゲート ANA ユナイテッド航空国際線
  • 国際線ターミナルAゲート JAL

詳細:サンフランシスコ空港オフィシャルサイト

 

ターミナル間の移動

下記のターミナル3から国際線以外のターミナル間の移動には、歩いていくより無料のトラム「AirTrain」に乗るほうが早くてらくらく。
エアトレインの運行は4分ごと。24時間

レッドラインとブルーラインの2路線ありレッドラインは時計回り、ブルーラインは反時計回り。
ターミナル1-3はターミナルビル向かいの立体駐車場の上、国際線ターミナルは出発ターミナルの1つ上の階が乗り場。AゲートとGゲートの2ヵ所にあります。

詳細:Getting Around SFO

 

サンフランシスコで乗り継ぐ、その前に知っておきたいこと

サンフランシスコ空港国際線ターミナル

photo credit: sjrankin Backwards SFO Sign 1 via photopin (license)

国内線から国際線に乗り継ぐ流れ

アメリカは出国審査がありません。もちろん行きのような税関検査もないので、ラスベガスからのフライトを降りたら国際線が出発するターミナルに向かうだけ。。。

とは限りません!

飛行機を乗り継ぐ流れはーー飛行機に預けた荷物を引き取る・引き取らない、乗継便の搭乗手続きが済んでいる・いないーーで変わります。

  1. 預けた荷物が日本まで行くし日本までの搭乗券もある
    国内線を降りる→国際線ターミナルに行く
  2. 預けた荷物がサンフランシスコ空港までしか運ばれない
    国内線を降りる→バゲージクレームで荷物を引き取る→国際線ターミナルへ移動→利用航空会社※カウンターで預ける。乗継便の搭乗手続きが済んでなければ手続きも。
  3. 荷物は日本まで行く。でも乗継便の搭乗券を持っていない・もう一回発券しなければならない
    国内線を降りる→国際線ターミナルへ行く→利用航空会社※カウンターで発券
    ユナイテッド国内線→ANAの場合は、制限エリアにある通路を通り国際線ターミナルへ(下記参照)。搭乗ゲートで手続き。
    ※共同運行便の場合は運行するエアラインへ

 

ラスベガスから日本まで同一予約番号の下、同じ航空会社や提携航空会社※※間で乗り継げば、ほぼ間違いなくベガスで日本までの搭乗手続きがおこなわれ、搭乗券はラスベガスーサンフランシスコ、サンフランシスコー日本が発券。荷物も日本まで通して運ばれます。
※※ユナイテッド航空はANA、アメリカン航空はJALと提携

提携してない航空会社同士の乗り継ぎ、または航空会社が決めているスルーチェックインの条件を満たしてない場合は、乗継空港で荷物の預け直しや搭乗手続きが必要かもしれません。

 

荷物の行き先を確かめて

手元にある搭乗券と違い、荷物はいったん預けると空港で引き取るまで目にすることはありません。
乗り継ぎ空港で預け直しが必要だったのに知らずに日本まで帰ってしまうと、荷物はそのまま乗り継ぎ地に置き去りに。

荷物はどこまで預けることができたのか、サンフランシスコで取る必要があるのか?

確認方法は簡単!
空港でチェックインをするときに飛行機に預ける荷物につける荷札、または荷札から剥がすクレームタグ(下の写真)を見ればわかります。

クレームタグ
クレームタグには便名・目的地など荷札と同じ情報が記されます。

空港で荷物が出てこないとき必要になるので、荷物を引き取るまで失くさないで。

クレームタグの見かた

ここで確認するのは赤丸の中の3桁のアルファベット。
このアルファベットは「3レターコード」と呼ばれ、世界中の空港ひとつひとつに違うコードが割り当てられています。
だからここを見れば、荷物がどの空港まで行くのか知ることができます。

サンフランシスコ国際空港のコードは「SFO」。日本の空港は成田が「NRT」、羽田は「HND」、関空は「KIX」など。

3レターコードは上にあるほど最終目的地に近づくので、日本行きの便に乗り継ぐなら写真のように「SFO」の上に日本の空港のコードがあるはず。

もし「SFO」だけだったら荷物は乗継便に運ばれません。国内線を降りたら荷物を引き取り、次に利用する航空会社カウンターで預け直しになります。

写真のタグの荷物はラスベガスからサンフランシスコ→成田、成田から最終目的地の名古屋まで。
ラスベガスから複数区間をまたいでも、荷物は最終目的地まで通して預けられています。
※成田では税関検査のため荷物を引き取り、預け直しています。


ユナイテッド航空国内線からユナイテッド航空国際線/ANAへ乗り継ぎかた

ユナイテッドの国内線はターミナル3を使用。ユナイテッドの国際線とANAは国際線ターミナルGゲートから出発。

サンフランシスコ乗り継ぎ
ターミナル3と国際線ターミナルGゲートは隣接し、制限エリア内(セキュリティチェックをすませたエリア)にある通路で結ばれています。(赤矢印のところ)

通路はターミナル3の75番ゲートのやや先から入り、国際線ターミナル92番ゲート付近へ。

「荷物は日本まで預けた」場合はここを通って。
外へ出て国際線へ向かうより早いし、何よりセキュリティチェックを受ける必要がありません。

通路は入り口から出口まで5分かからないくらいの距離。
でもターミナル3は広い!75番から遠いゲートに到着すると、Gゲートまで15分くらいは見ておいたほうがよさそう。

3行で乗り継ぎ(荷物引き取りなし)

  1. 国内線を降りたら75番ゲートを目指す
  2. 75番のやや先から通路に入りガンガン歩く
  3. エスカレーターを上がりグッチの看板を右に曲がれば国際線ターミナル

 

写真で見るターミナル3から国際線Gゲートへ ※荷物引き取りなし

ラスベガス行きの国内線が国際ターミナルから出発したことがありました。ということは、あなたが乗ったラスベガスからのフライトは国際線のゲートに着くかもしれません。
飛行機を降りたら到着ゲート番号の確認を。

ゲートナンバーが60から90はターミナル3、91-102なら国際線ターミナルGゲート。

国際線に到着してたら乗り継ぎはめちゃくちゃ簡単。出発ゲートに向かうだけです。

サンフランシスコ乗り継ぎ

国内線を降りたら頭上の案内ボードを見て75番ゲート、「Gates G91-G102」、「International Terminal」などのサインに従いガンガン歩きます。

サンフランシスコ乗り継ぎ

ゲートナンバーに75番が出ています。もうすぐの予感

サンフランシスコ乗り継ぎ

ようやく75番前きた!ここを通過し

サンフランシスコ乗り継ぎ

つきあたりにある「International Terminal」の表示があるところから入る

サンフランシスコ乗り継ぎ
通路をどんどん歩く
サンフランシスコ乗り継ぎ
エスカレーターをあがり「International Terminal」のサインに従いすすむ。
国際線まであと少し!

エスカレーターを降り少し進み、「GUCCI」の看板をすぎたところを右に曲がると、国際線ターミナルGゲート到着!!

サンフランシスコ乗り継ぎ

出発便案内モニターで出発ゲート番号と出発時間に遅れがないか確認
※ターミナル3のモニターは、国際線はInternational Terminalとだけ表示されてました。

サンフランシスコ乗り継ぎ

出発ゲートへ。
もし搭乗券を持ってなければ、搭乗口のカウンターで手続きをします。

 

Gゲートで最後のアメリカみやげを買いたい!

Gゲートにはおなじみの免税店「DFS」をはじめグッチ、エルメスからTシャツやサンフランシスコ的な雑貨、チョコレートやキャンディのお店など、おみやげを扱う店がたくさん。。。という程はなくウェブサイトを見る限り12店舗あります。

その中ですごく気になってるのが「Napa Farms Market」というデリ&食品マーケット。

ナパファームマーケット

Photo by Adam Fagen Napa Farms Market

びばラスベガス
ナパっていうだけで美味しそう!時間があったら食事してみたい。
マーケットにはサンフランシスコの有名店の食品、おみやげの定番チョコレート、雑貨ではNapa Soap Companyの石鹸などの取扱も。
あれもこれも欲しいものばかりなお店です。
場所:Gゲート91番搭乗口付近
時間:午前5時30分ー午後11時
ターミナル2にも出店
ウェブサイト:Napa Farms Market

 

ターミナル3から国際線ターミナルAゲートへ

荷物を日本まで預けているなら、通路を通りAゲートに行くことができます。

グッチの看板を過ぎ右に曲がると、左手にGゲートに入るためのセキュリティチェックが見えます。セキュリティチェックのいちばん手前に出口があるので、ここから制限エリアの外へ。
ターミナルを横切り、Aゲートのセキュリティチェックを受け出発ゲートへ進んで。

 

ターミナル3から国際線へ ※荷物引き取りあり

ラスベガスからの飛行機を降りたら「Baggage claim」のサインに従い進む。
バゲージクレームで荷物を引き取ったら、荷物と一緒にエアトレインまたは徒歩で国際線ターミナルへ。利用航空会社カウンターで預け直し。

エアトレインはGゲートへはブルーライン、Aゲートへはレッドラインで。

 

アメリカン航空からJALへ/ターミナル1から国際線へ

制限エリア内の通路は上記のターミナル3とGゲート、ターミナル1 Cゲートとターミナル2を結ぶものだけ。

ターミナル1・2から国際線ターミナルへ行くには荷物の引き取りあり・なしに関わらず、いったん制限エリアを出て国際線ターミナルに向かうことになります。

ターミナル2を使うアメリカン航空から国際線ターミナルAゲートに発着するJALへは、エアトレインのレッドラインで。
ターミナル1からAゲートはエアトレインのレッドライン、Gゲートへはブルーラインに乗って。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です