ラスベガスで無料wifiって使える?ストリップ地区を調べてみた

無料wifi

旅行中は日本でどれだけ下調べしてきても、現地に来ると知りたいことがあれこれでてくるものですよね。SNSにも現地から投稿したいし。

そんなときに必要なネット、無料で使えればすごくうれしい!

ということで、ストリップ地区でどのくらい無料wifiが使えるのか調べてみました。



ホテルの無料wifi

ストリップ地区のホテルではwifiが飛んでないところを探す方が難しいくらい、あたりまえに利用することができます。

宿泊客
リゾートフィーにwifi利用が含まれていれば、別途接続料は発生しません。
最近ではほとんどのホテルのリゾートフィーに含まれているようですが、そうでない場合は接続料を払えば利用できます。
wifiが含まれているかどうかは、ホテルや予約したサイトで確認を。

リゾートフィーに含まれている回線は、接続できるデバイス数に上限があります。もっと多くの機器を接続したい、またはもっと高速のwifiを使いたいという場合は接続料が必要なプレミアムプランを利用して。

宿泊客以外でも、誰でも利用できるものは?

多くのホテルはカジノフロアーで、宿泊客以外でも使える無料wifiが提供されています。
ただし、多くの人が利用すると満足のいく回線速度がでないことも。

接続方法

接続する画面はホテルにより異なりますが、基本的に下記のような感じ。
『Email address(メールアドレス)』の入力と『terms and conditions(利用条件)に同意』をしないと利用できません。

無料wifi
wifiのネットワーク選択画面からホテル名、あるいはホテルを運営する会社名を選択。

ログイン画面をたちあげる。

無料wifi
(A)は宿泊客用。宿泊しているなら「Hotel Guest」を選択

宿泊客でなければ(B)へ
(あ)メールアドレスを入力
(い)自分は21歳以上
(う)利用条件に同意
(い)と(う)に特に問題がなければそれぞれをタップし□にチェックを入れ
(え)「Connect Me」をタップ。

ホテルのサイトが表示されれば完了です。

シーザーズエンターテインメント系列

シーザーズパレスホテル、リンクホテル、フラミンゴホテル、ザ・クロムウェル、バリーズホテル、パリスホテル、プラネットハリウッドホテルのカジノフロアーで誰でも利用できる無料wifiあり。
リンクプロムナードも無料でwifiを使うことができます。

ネットワーク選択画面でホテル名、あるいは「Caesars_Resorts」を選択。
ログイン画面は上記を参照して。

びばラスベガス
パリスホテルは「PARIS」というネットワーク名を選択しても、ログイン画面が立ち上がりませんでした。なぜだー!

MGMリゾートインターナショナル系列

ベラージオホテル、アリアホテル、パークMGMホテル(旧モンテカルロ)、ニューヨークニューヨークホテル、MGMグランドホテル、マンダレイベイホテル、ルクソールホテル、エクスカリバーホテル、ミラージュホテルはカジノフロアーで誰でも無料wifiが利用できます。

サーカスサーカスホテルのwifiは宿泊客だけに提供。

無料wifi
ネットワーク選択画面でホテル名、あるいは「MGMResorts-WiFi」を選択。

ログイン画面は
(A)宿泊客
(B)カンファレンス参加者
(C)AでもBでもない人。普通に遊びにきたならここ
(D)有料サービス
あてはまるものを選び入力画面へ

ベネチアン・パラッツォ

ベネチアンホテル、パラッツォホテルともカジノフロアーと2階のショッピングモールで宿泊客以外も無料のwifiが使えます。

無料wifi
どちらのホテルもネットワーク一覧から「VenetianPalazzoWifi」を選択。

ログイン画面は
(A)宿泊客は名字とその下に部屋番号を入力し「ログイン」をタップ
(B)宿泊客以外は「GET ACCESS NOW」をタップ

次の画面のメールアドレス欄の下、あらかじめチェックが入ってるところは「このホテルからのプロモーションメールを受け取る」ということなので、必要なければチェックをはずして。

ウィン・アンコール

ウィンラスベガス、アンコールホテルも誰でも利用できるwifiをカジノフロアーで提供。
両ホテルともネットワーク一覧は「Wynn Guest」を選択してください。

TIトレジャーアイランド・コスモポリタン

この2つのホテルは遊びにきた人が無料で利用できるものはありません。

t.i. トレジャーアイランドホテルは宿泊客以外は有料のwifiを利用することができます。
コスモポリタン・オブ・ラスベガスは宿泊客のみに提供。

海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi 利用料1日最大400円OFF実施中! 🙂

ショッピングモール

多くのモールで無料wifiが利用できます。

フォーラムショップ(シーザーズパレス)、クリスタル、プレミアムアウトレット・ノースとサウス

wifi一覧でこれらのモールを運営している「SIMON WiFi」を選択。

無料Wi-Fi
必要事項を入力後、「GET FREE WI-FI & SIGN UP」または「JUST GET FREE WI-FI」のどちらかを選択。
違いは上の「SIGN UP」となってる方は自分は18歳以上、利用条件に同意し、サイモングループが運営しているモールなどのプロモーションを受け取ることに同意する。
下の方は自分は18歳以上、利用条件には同意するがプロモーションのメールなどは受け取らないということ。

希望する方を選択し、その下にある黒枠の「GET FREE WI-FI  ACCESS」をタップ、ネットに接続します。

ファッションショー・モール

無料wifiを利用可。

ファッションショーモールwifi
wifiのネットワーク選択画面から「.FashionShowGuest」を選択
ファッションショーwifi
メールアドレスを入力

その下は ❝自分は13歳以上。プライバシーポリシーと利用条件を読み、General Growth Servicess社からのメールの受信、および末端識別を含む情報を広告配信のためにパートナー企業と共有することに同意する❞ という内容。

同意するなら□をタップし、「CONTINUE」をタップ

 

街歩き

歩いてる時は地図を見たりしたいところですが、残念なことにラスベガス・ブルバードをカバーしているwifiはありません。大通りに面している店のwifiに接続できるところはありますが。。。

スターバックス

街の中にたくさんあり、どこでもwifiが飛んでいるイメージがあるスタバも、ストリップ地区でwifiが利用できるのは2店のみ

●バリーズホテルのショッピングモール内にあるもの
●フォーラムショップ内

利用はネットワーク一覧から「Google Starbucks」を選んで。

マクドナルド

たくさんあってwifiがとんでそう、といえばマックもですが、こちらもストリップ地区では6店でしか利用できません。

利用可能店舗は
●プレミアムアウトレット・サウスの敷地にある店
●マンダレイベイホテルの向かい側
●プラネットハリウッドの南隣にあるビルの1階
●ベネチアンとハラスホテルのあいだにある派手なMマークの店
●サーカス・サーカスホテルの前
●SLSホテルの北向かい

利用するにはネットワーク一覧から「McDonalds Free WiFi」を選択

マクドナルドwifi
「GET CONNECTED」をタップ
利用条件に同意なら□をタップ→「Continue」
前の画面に戻るので、もう一度「GET CONNECTED」をタップ

 

モバイルwifiルーターやアメリカ用SIMカードってあった方がいいの?

数年前と比べ驚くほどネット環境が良くなったラスベガス。ストリップ地区のほとんどのホテルやモールでwifiに接続できるようになりました。

でも街を歩いている時はまだまだ。

ラスベガスの街の中にしかいないし、何か調べたいことがある時は近くのホテルやモールに駆けこむ、ということならモバイルwifiルーターやアメリカ用SIMなどは無くてもよさそうです。

でも、いつでもどこでも必要なときにすぐにネットにアクセスしたい、というならやはりネットに接続できるものの用意を。

 アメリカで無料wifiに不自由しないのは街の中だけです。街から離れるとほぼ利用できません。

もしグランドキャニオンに行ったりグランドサークルめぐりをするなら、モバイルルーターやSIMを持っていくことをおすすめします。

特にレンタカーを使って自分たちで行くなら、絶対に持っていってください。