【2021-2022】新年は花火とともに~カウントダウンイベント

カウントダウン花火

2021年も残すところ数日となりました。今年の大晦日はストリップ地区とダウンタウン地区のカウントダウンが2年ぶりに開催。通りを埋めつくす人たちとともに新しい年の幕開けを祝おう!

そのほかのホリデーシーズンのイベントは↓

アリアロビー

【2021】イルミネーション輝く☆ホリデーシーズンイベントリスト

2021-11-13
リゾートワールド

【2021-2022クリスマス・年末年始】冬休みイベントカレンダー

2021-12-10




ストリップ地区

ストリップ地区では8分間にわたり8つのホテル屋上から同時に花火を打ち上げる、カウントダウン花火「America’s Party 2022」を開催。
TIトレジャーアイランドホテルからルクソールホテルまでが歩行者天国になります。

うちあげホテル
MGMグランド
アリア
プラネットハリウッド
シーザーズパレス
TIトレジャーアイランド
ベネチアン
ストラト(旧名称ストラトスフィア)
今年オープンしたばかりのリゾートワールドも

カウントダウン花火では花火にあわせ音楽が流れますが、外にいるとホテルの真横あたりでなければ音楽は聞こえません。

花火見学は歩行者天国化したラスベガスブルバードの道路上、またはビューイングパーティーなどで。

ラスベガスブルバードで花火を見るなら

「見るなら8か所全部見たい!」ところですが、ストリップの道路上では全部見ることはできません。多くて3-4か所。

もし8か所全部見たいならストリップから離れたところで。
エッフェル塔や観覧車など高いところから観賞できるビューイングパーティーは、今年はスカイポッド(ストラトスフィアタワー)だけのようです。(2021年12月9日時点)

どこで見る?花火の見えかた

リゾートワールド前

※2021年はリゾートワールド前は歩行者天国になりません

動画は独立記念日の花火 2021年7月4日

びばラスベガス
大通りからやや西に入ったところ。5か所くらいの花火が見えます。
ただ、大通りほど観客がいないので歓声も少なく寂しい感じ

ウィンホテル前

※2021年はウィンホテル前は歩行者天国になりません

カウントダウン花火

2018年1月1日

びばラスベガス
ウィン前からはヴェネチアン、TI、シーザーズの花火が見えました。

MGMグランド前

カウントダウン花火

2012年1月1日

びばラスベガス
MGMグランド前からはMGMグランドとプラネットハリウッドの花火。アリアの花火を少しだけ見ることができます。
歩道橋がちょっとじゃま。歩道橋の向こうに行けばよかった。

花火が終わると一斉に帰るため通りが混雑することを考えると、宿泊しているホテルの近くで見るのがいいかも。
道路の中央分離帯あたりより歩道側にいたほうが、早く帰ることができるのは言うまでもありません。

いちばん混雑するのは中心部のシーザーズパレスやベラージオあたり。ウィンやMGMグランドなど、打ち上げホテルの北端・南端あたりは中心部と比べ混み方がゆるめ。

歩道橋も利用できなくなります。

スタンバイ時間は?

花火を見る位置にこだわらなければ、数時間も前から場所取りしなくても大丈夫。みんな通りに出てくるのは結構ぎりぎりの時間になってから。
花火の1時間前でもスタンバイしてる人は少数派です。

Twitterはいちばん混むシーザーズパレスやベラージオのある交差点。このあたりで見るなら早めスタンバイが良さそう。

持ち込み制限

持ち込み禁止

12月31日午後6時から1月1日午前6時までバックパックリュックサック)、30cm×15cm×30cmより大きなカバンベビーカーカートクーラーなど大通りへ持ち込むことはできません

また、大通りでドリンク等のガラス容器に入ったもの(ビンやグラスなど)を持ち歩くことは禁止されています。
カン、ペットボトルやプラスチックの容器のものは持ち込み可。

ルームキーの携帯を

ホテルによっては花火の前後に玄関を閉め、宿泊客しかホテルに入れなくなるところがあります。
このようなところではホテルに戻る際ルームキーの提示を求められるので、外出するときには必ずルームキーを持って

ルームキーを確認

ルームキーの確認 アリアホテル前 2021年1月1日

警備体制

警備は厳重におこなわれ、警官にネバダ州兵も加わりストリップ地区のパトロールをおこないます。

2021年はストリップに警察1200人、州兵100以上が出て安全を確保。フリーモントストリートは警察200人で警備にあたるそう。

ニューイヤーズ・イブ

大通りで警備をするネバダ州兵 記念撮影にも応じてくれます

12時間早いカウントダウン


12時間早く新年を祝おう!タウンスクエアでおこなわれる昼のカウントダウンはファミリーで楽しめるイベント。
大通りの交通規制にもひっかかりません。

時間:2021年12月31日午前10時-午後1時
会場:タウンスクエア内タウンスクエアパーク




ビューイングパーティー

ホテルなどでひらかれるビューイングパーティーは

スカイポッド(旧名称ストラトスフィアタワー):ストラトホテル

スカイポッド(ストラトスタワー)108階の室内展望台入場券。眺めは抜群!飲み物・食べ物は室内のバーなどで購入可
時間:2021年12月31日 午後9時-2022年1月1日午前1時30分
年齢制限:21歳以上入場可
料金:150ドル
予約:STRATのウェブサイトから

サハラホテル

大晦日と元旦、2日間にわたるオープンバーイベント。Azilo Ultra Poolにて午後11時からカウントダウンとビューイングパーティーも。


時間:2021年12月31日 午後9時ー2022年1月1日午前2時/2022年1月1日午前10時-午後2時
年齢制限:21歳以上入場可
料金:60ドル~
チケット購入:Twitterのリンクから

Gilley’s:TIトレジャーアイランド

Gilley’sは大通り沿いにあるカントリーレストラン&バー。ライブミュージックが入ります。

入場料:12月31日 午後8時前 入場無料/午後8時以降 25ドル
予約:不可
年齢制限:21歳以上入場可

ビアパーク(レストラン)/シャトー(ナイトクラブ):パリスホテル

ビアパークは大通り沿い2階にあるアウトドアのビアホール。午後9時から3時間の飲み放題つき
時間:2021年12月31日 午後9時ー2022年1月1日午前2時
年齢制限:21歳以上入場可
料金:200ドル~(売り切れ)
予約:Beer Parkのウエブサイトから

アイスリンク:コスモポリタンホテル

大通り沿いにつくられたスケートリンクで花火鑑賞。酒またはノンアルコールドリンクの飲み放題、乾杯用シャンペン、スケート滑走料つき
時間:2021年12月31日 午後9時~
料金:200ドル

アイスリンク

【2021】夜景きらめくアイススケート 冬のコスモポリタンホテル

2021-10-11

ブルックリンブリッジ:ニューヨークニューヨークホテル

大通り沿いにあるブルックリンブリッジでおこなわれるブロックパーティー「Bridge Bash」。DJ、飲み放題つき。食べ物はフードトラックから購入できます。
時間:2021年12月31日 午後9時-2022年1月1日午前0時30分
年齢制限:21歳以上入場可
料金:264.07ドル
チケット購入:ホテルウェブサイトから

ファンデーションルーム(ラウンジ):マンダレイベイホテル

マンダレイベイ最上階にあるラウンジなら8か所の花火が見えるかも。下記のスカイホールラウンジより大通りの眺めが良い。

ファンデーションルーム

ホテル街の眺め ファンデーションルームのベランダから

時間:2021年12月31日 午後9時30分-2022年1月1日午前2時30分
年齢制限:21歳以上入場可
料金:花火鑑賞はテーブルサービスのみ
予約:Foundation Roomのウェブサイトから

スカイフォールラウンジ(ラウンジ):デラノホテル

ストリップ地区南端に建つデラノホテルの最上階にあるラウンジの入場券。ドリンクなどは含まれていません。
時間:2021年12月31日 午後9時30分
料金:145ドル~

スカイフォールラウンジからの夜景

夜景の綺麗なバーでお酒と眺めを楽しむ スカイフォールラウンジ

2018-11-10

 



花火大会開催に伴う車両通行止め、公共交通機関の運行について

車両通行止め

バスで通りをブロック

大通りに出るとろこをRTCバスががっちりブロック 2020年12月31日

ラスベガスブルバードおよび大通りと交差する道路は31日夕方から翌早朝まで、タクシーやバスを含む一般のクルマは大通りに入ることができません。

ラスベガスブルバードが車両通行止めとなるのは、マンダレイベイホテルとルクソールホテルのあいだのMandalay Bay RoadからTIトレジャーアイランドホテルやパラッツォホテルの建つSpring Mountain Ro.まで。

大通りと交差する道路はトロピカーナ通りはKoval LaneからDean Martin Drまで、フラミンゴ通りはバレービュー通りから通行止めになります。


規制開始時間

最初に規制がおこわなれるのはフリーウェイ15号線の出口。午後5時30分にTropicana Av、Flamingon Ro.の出口を閉鎖。

ラスベガスブルバードは、まず午後5時30分から交差する道路が通行止めとなり、午後6時から大通りの通行止めがはじまります。

午後8時には通行止めが完了し、ラスベガスブルバードが歩行者天国に。

通行止め解除の時間

花火が終了し観客が帰った1日午前2時ごろから大通りの清掃を開始。南からはじめ北へ向かいます。
掃除が終了次第通行止めが解除。解除されるのは午前3時から午前4時ごろになるようです。

フリーウェイ15号線の出口閉鎖は午前3時30分頃解除の見込み。

通行止め中の公共交通機関

DEUCE、その他路線バス

ラスベガスブルバードを走るDEUCE、およびラスベガスブルバードを横切るバスは、12月31日午後7時30分から1月1日午前3時くらいまで迂回路を運行。
12月31日午後6時から1月1日午前9時まで運賃無料になります。

詳細↓

New Year’s Eve Transit Detours

モノレール(サハラホテル~MGMグランドホテル)

2021年12月31日午前7時から2022年1月2日午前3時まで、44時間連続で運行。交通規制の影響は受けません。

31日午後6時から翌朝6時まで、ストリップ地区と同様にバッグ等の持ち込み制限がかけられます。

運賃:片道5ドル、24時間券13ドル
ローカル割引:片道1ドル ※12月31日午前10時から午後11時まで窓口にて発売(コンベンションセンター駅を除く)。要ID



ダウンタウン地区

フリーモントストリート・エクスペリエンス

ブロックパーティー「80’s & 90’s Dance Party Celebration」を開催。

ステージでおこなわれるライブエンターテインメント、ビバビジョンライトショー(アーケードに映す映像ショー)を楽しんだあと、カウントダウンと花火もアーケードの映像で。

時間:2021年12月31日 午後6時開場
年齢制限:21歳以上入場可
料金:35ドル~
チケット購入・詳細:https://vegasexperience.com/nye-faq/

ブロックパーティー開催にともない、フリーモントストリート・エクスペリエンス(アーケードのあるところ)は31日夕方に閉鎖されます。
ジップライン「スロットジラ」、ゾンビから逃げるアトラクション「Fear the Walking Dead Survival」は営業。

プラザホテル

フリーモントストリート・エクスペリエンス西側にあるプラザホテルでは、カウントダウン花火を打ち上げ。

ホテルでは大晦日と元旦にイベントを開催。オープンバーのディナーと乾杯用シャンペンがついたビューイングパーティーも含まれます。


時間:2021年12月21日午後3時~/2022年1月1日午後2時・午後11時
年齢制限:21歳以上入場可
料金:179ドル~
チケット購入:Twitterのリンクから

車両通行止め・公共交通機関の運行について

車両通行止め

フリーモントイースト
通行止め区間:フリーモントストリートのラスベガスブルバードから6thストリートのあいだ
期間:2021年12月30日午前5時から2022年1月1日午前10時

フリーモントストリート周辺
通行止め区間:カジノセンターブルバードのオグデンアベニューからカーソンアベニューのあいだ/4thストリートのオグデンアベニューからカーソンアベニューのあいだ
期間:2021年12月31日午後2時から2022年1月1日午前4時

毎年プラザホテルで花火打ち上げ中は、Main St.沿いのCarson AV.からOgden Av.まで、15分間の車両通行止めがおこなわれます。2021年も規制されそうです。

RTCバス

ダウンタウンを運行するRTCバスの一部が、12月31日午前11時30分から1月1日午前4時くらいまで迂回路を通ります。
また、12月31日午後6時から1月1日午前9時まで運賃が無料に

詳細↓

New Year’s Eve Transit Detours