ラスベガス ニュース 2019年12月 随時更新

アリアホテルロビー

ラスべガスの最新情報とニュースをお届けします。

写真はお菓子の家(アリアホテルのロビー)

今月以外のニュースはニュースアーカイブ



レディー・ガガのレジデンシー公演、1~2年延長かも?

2019年12月30日

パークシアター(パークMGMホテル)においてレジデンシー公演をおこなっているレディー・ガガの公演期間が、もしかして延長されるかもしれません。

28日の公演中、ガガ自身が「もう1年ここで歌うかも、2年かもしれない」と延長を匂わせ。

パークシアターを運営するMGMリゾーツインターナショナル社は、ガガの公演期間延長について今はノーコメントだそうです。


ガガのレジデンシー公演は現在のところ、2018年末から2020年末までの2年契約。現在のところ2020年5月16日までの公演日が決まっています。

 

NHL”オークランド”レイダース 最後のシーズンが終了

2019年12月30日

フットボールNFLオークランドレイダースは29日、敵地デンバーでレギュラーシーズン最後の試合に臨みました。

プレーオフに進出できる可能性も残されていましたが、15対16とブロンコスに惜敗。
これによりレイダースの2019シーズン、そして”オークランド”レイダースとして最後のシーズンが終了しました。

12月15日におこなわれたレイダースの本拠地、オークランド・アラメダカウンティ・コロシアム最後の試合では、終了間際に逆転負けを喫し、試合終了と同時に会場に詰めかけた53000人から激しいブーイングが浴びせられる一幕も。

本拠地最後の試合を勝利で飾れなかった怒りか、オークランドから出ていくことに対しての怒りか、その両方からか。フィールドに物が投げ込まれ、ファンが乱入するなど不穏な空気に包まれました。


そして2020シーズン、レイダースはラスベガスにやって来ます!

マンダレイベイホテルの西側に建設中のアレジアントスタジアムが本拠地となり、スタジアムは2020年7月末までに完成予定。
”ラスベガス”レイダースとして、8月はプレシーズン、9月からレギュラーシーズンがはじまります。

 

パークMGMとショーケースモール間の歩道橋、ようやくオープン

2019年12月23日

歩道橋

建設に14か月を費やしたパークMGMホテルとショーケースモールを結ぶ歩道橋が23日、ようやく開通しました。

歩道橋

歩道橋から北側の眺め

歩道橋

南側の眺め

歩道橋

西側の眺め

歩道橋

東側の眺め

歩道橋

ハードロックカフェのギターが近い!

この歩道橋はラスベガスブルバードにかかる17番目の歩道橋。
18番目はベラージオホテルとプラネットハリウッドのあいだに作り、2年以内に工事開始予定だそうです。

 

マッカラン空港からストリップ地区 タクシー料金がフラットレートへ

2019年12月23日

マッカラン国際空港からストリップ地区へのタクシー料金が、同一地区内を均一料金にするフラットレートの試験運用が20日、はじまりました。

ストリップ地区を3つに分け
ゾーン1:サンセット通り~トロピカーナ通り 19ドル
ゾーン2:トロピカーナ通り北側~フラミンゴ通り 23ドル
ゾーン3:フラミンゴ通り北側~ストラトスフィア 27ドル


料金は飛び抜けて高いものと安いものを除き、平均をとったそうです。

もともとは1月1日から開始予定でしたが、クリスマスやCES(テクノロジーの見本市)などで旅行客が激増する前に前倒しで開始されました。
試験運用は6ヶ月の予定。

空港ーストリップ間は「タクシーは遠回りされるかも」という心配が無くなり、安心して利用できそう。
マッカラン空港のウーバーやリフト乗り場はがクルマの到着を待つ人でごった返しているのとは対象的に、タクシー乗り場はお客さんがまばら。しかし、このフラット料金でタクシー乗り場にお客さんが戻ってくるかもしれません。

 

MGMリゾーツ サーカスサーカスの売却を完了

2019年12月20日

MGMリゾーツインターナショナルは20日、サーカスサーカスホテルの売却を完了したと発表しました。

すでにホテルはMGMの手を離れ、新しいオーナーのフィル・ラフィン氏のもとへ。ウェブサイトも新しいものに変わっています。

関連記事
新しいショーはシルクのマジックショー サーカスサーカスの新オーナー、プランを語る
MGMリゾーツ サーカスサーカスとベラージオを売却



ハローキティカフェ 来年7月中旬まで期間延長

2019年12月20日

ハローキティカフェ

みんな大好きハローキティさんのポップアップカフェ「Hello Kitty Cafe」は、2020年7月中旬まで営業期間を延長します。

今年7月にパークに現れたカフェは、もともと半年間の期間限定でした。

ピンクの小さな店ではドリンク、スイーツのほか、ラスベガス店オリジナルのグッズなどを販売しています。

ハローキティカフェ

ハローキティカフェはラスベガスに2店 限定グッズも販売

2019-07-20

また、ハローキティカフェのトラックが12月21日から2020年5月までプレミアムアウトレットノースに出店。こちらでもスイーツやオリジナルグッズを購入することができます。

 

マッカラン空港の利用客数が5000万人に 開港以来初

2019年12月19日

マッカラン国際空港の利用客数が19日、1948年の開港以来初めて5000万人に達しました。

記念すべき5000万人めは、アレジアント航空に乗りテキサスから来た女性。子供の21歳の誕生日を祝うため、家族でマッカランに降り立ちました。
記念品としてNHLゴールデンナイツやNFLレイダース、そしてラスベガスに関するグッズが贈られたもよう。

アレジアント航空はラスベガスに本社を置く格安航空会社。レイダースの本拠地スタジアムの命名権を獲得したりしています。

マッカラン国際空港の利用客数は2017年が4850万人、18年は4970万人、今年は5050万人に達するとみられ、3年連続で過去最多を更新しています。

 

ダウンタウンのカウントダウンパーティー リハーサルがおこなわれる

2019年12月19日

大晦日のカウントダウンパーティーで正式デビューを飾るフリーモントストリートのビバビジョンキャノピーで18日、リハーサルがおこなわれました。

ビバビジョンキャノピーは長さ450m×幅27m。一枚のスクリーンとしては世界最大だそう。

今年2月から32億円かけLEDライトのアップグレード工事をおこない、以前のものより解像度が4倍、明るさは4倍になりました。

カウントダウンパーティー「アメリカズパーティー ダウンタウン」は、31日午後6時パーティースタート。新年の幕開けとともにビバビジョンに花火の映像が映し出されます。
チケットは35ドル~。購入はフリーモントストリートエクスペリエンスのウェブサイトで

関連ニュース
フリーモントストリートのアーケード改装工事完了
フリーモントストリートのアーケード、一部でアップグレード工事終了。映像が鮮明に&スティーブ・アオキの楽曲が映像ショーに加わる
フリーモントストリートの映像ショーがナイトクラブ化! ザ・チェーンスモーカーズとスティーブ・アオキも加わる
フリーモントストリートのアーケード改装工事はじまる

 

カウントダウン花火 詳細発表

2019年12月18日

新年の夜空を色とりどりに染める、カウントダウン花火「America’s Party(アメリカズパーティー)」の詳細が発表されました。

今回で20周年を迎える花火大会は、MGMグランド、アリア、プラネットハリウッド、シーザーズパレス、TIトレジャーアイランド、ベネチアン、ストラト(ストラトスフィア)の7つのホテルの屋上から、合計8万発が打ち上げられます。

花火大会の準備は1年前からはじまり、花火を上げるための設備の取り付けには60人の技師がのべ3000時間を費やすそうです。

カウントダウン花火

【2019-2020】新年は花火とともに~カウントダウンイベント

2019-11-27


乱射事件のときの歌手、事件以来はじめてラスベガスでコンサートをおこなう

2019年12月8日

2017年におきた乱射事件の際、ステージにいたカントリー歌手のジェイソン・アルディーンが6日、事件後ラスベガスではじめてのコンサートをひらきました。

「今夜は自分たちにとって特別な夜。ラスベガスに戻ってきてよかった」と語ると、パークシアター(パークMGMホテル)につめかけた5800人の観客は熱狂。


発砲されたときに歌っていた曲を演奏する前には「前回は曲の途中で中断したけど、今夜は最後まで歌うぜー!」と宣言。
この”When She Says Baby”と、事件6日後にTV出演した際に歌った”Won’t Back Down”でコンサートを終えました。

事件のときに開催されていた音楽フェスのTシャツを着用した車椅子の男性がアメリカの旗を振る様子や、犠牲となった人々を追悼するバナーを掲げる観客が時折会場のスクリーンに映し出されるなどしましたが、アルディーンからは事件について何ら言及はなかったようです。

ジェイソン・アルディーンのコンサートは8日まで、3日間にわたり開催されます。

関連ニュース
乱射事件から2年。追悼行事がおこなわれる
乱射事件現場にコミュニティセンターとアレジアントスタジアムのパーキング建設へ

 

DJカスケード、パームスホテルを訴える

2019年12月8日

カオスナイトクラブ

カオスナイトクラブでパフォーマンスするカスケード 2019年4月13日

11月に突然閉鎖したパームスホテルのカオスナイトクラブ/デイクラブに出演していたDJのカスケードが、同ホテルを契約違反で訴えたことが5日、わかりました。

訴えによると、カスケードは2018年1月、カオスで2019年と2020年に30回ずつパフォーマンスをおこなう契約を締結。2019年9月までに20回出演しています。

10月は3回出演予定でしたが、クラブを閉め会場を改装したためすべてキャンセルに。しかしギャラは支払われました。

11月1日になると、11月8日に予定していたパフォーマンスもキャンセル。このギャラは支払われないまま11月5日、カオスの閉鎖が発表。
このことにより、2019年に開催予定の残りの分、および2020年に予定されているパフォーマンスができないことは契約に反するとして、損害賠償を求めています。

カオスの閉鎖では、労働法が定める解雇の60日前までに通告がおこなわれなかったとして、クラブの従業員もホテルを訴えています。

関連ニュース:カオスナイトクラブ 閉鎖

 

新しいショーはシルクのマジックショー サーカスサーカスの新オーナー、プランを語る

2019年12月5日

MGMリゾーツからサーカスサーカスホテルを購入するフィル・ラフィン氏(TIホテルオーナー)が4日、ゲーミング管理局のミーティングにおいてサーカスサーカスの今後のプランについて語りました。

現在と変わりそうなところは

  • シルク・ドゥ・ソレイユの新しいショーがはじまる
    ニューヨークで公演をしている「The Illusionists」という人気のマジックショーがやってきます。
    1100万ドルを費やし2000人収容のシアターをあらたに建設。
    でも、「イリュージョニスト」は本当にマジックのショーで、パフォーマーがアクロバットをおこなうとかは残念ながら無さそう。
    なぜ「シルク」のかというと、イリュージョニストを運営するThe Works Entertainmentを、今年2月にシルク・ドゥ・ソレイユ・エンターテインメント・グループが買収したからのようです。
  • RVパークを閉鎖し、砂浜があり波の出るプールに改装
  • カジノを改装しスタジアムスタイルのエリアを設ける

変わらないところは

  • 宿泊料金はいままで通りのお手頃価格
  • アドベンチャードームを続ける
  • 駐車料金は無料のまま

関連ニュース:MGMリゾーツ サーカスサーカスとベラージオを売却

 

プリムのアウトレットが大変身!モール名を変更し、ストリートアートの聖地へ

2019年12月5日

ラスベガスから南へ30分、ネバダとカリフォルニアの州境の街プリムにある「ファッションアウトレッツ・オブ・ラスベガス」がこの夏から改装工事が進行中。
改装にあわせモール名を「Prizm Outlets」に変更するようです。

新しいモールは150点あまりのストリートアートとミューラル(壁画)が描かれる予定で、今までのトラディショナルなモールとは全く違う姿に。

ファッションアウトレット

ファッションアウトレット 2018年12月18日

↑旧アウトレット入り口 ↓新入り口


モール内は壁画だ地区らけ


Twitterではすでに新しい名称を使ってますが、ウェブサイトの方はまだ「 Fashion Outlets of Las Vegas」のままです。

ファッションアウトレッツは多くのテナントが撤退し、現在では30店あまりが営業をしているのみ。
この改装で以前の賑わいを取り戻してほしいものです。

 

今月以外のニュースはニュースアーカイブ