ラスベガス ニュース 2019年9月 随時更新

ベラージオ植物園の秋

ラスべガスの最新情報とニュースをお届けします。

今月以外のニュースはニュースアーカイブ



シルク・ドゥ・ソレイユ「O」 ベラージオの噴水の湖でパフォーマンス

2019年9月17投稿

シルク・ドゥ・ソレイユの「O」が1万回めの公演を迎えたことを記念し、「O」のキャストがベラージオホテル前の湖でパフォーマンスをおこないます。

日時は9月28日・29日、10月12日・13日。いずれも午後3時30分から。観覧無料。
ショーの中からイベント用に改変した2つの演目をおこなうそうです。

「O」はベラージオ開業2日後の1998年10月17日に初公演。以来1700万人の観客を魅了し、今年9月1日に1万回めの公演を終えました。

「O」の公演は水曜-日曜、午後7時と午後9時30分の2回公演ですが、2020年1月から休演日を無くし、毎日公演をおこなうとシルクは発表しています。

 

ストームエリア51にそなえ「ETハイウエイ」の標識一時撤去

2019年9月13投稿

ETハイウエイ

ETハイウエイサイン 2008年7月28日撮影

エリア51に侵入する「ストームエリア51」、および侵入を阻止するために開催するイベントを前に、ネバダ州運輸省はハイウエイ375号線、通称「Extraterrestrial Highway(ETハイウエイ)」に設置された「Extraterrestrial Highway」の標識を一時撤去しました。

運輸省によるとイベントに向かうため相当なクルマが375号線を通ると予想されており、撤去は標識を撮影するための渋滞を防ぐため。
エイリアンリサーチセンターの近くに立つ標識はすでに12日に撤去済み、レイチェルにあるものは今週末撤去予定。

エリア51の北側を通るハイウエイ375号線は1996年4月18日に「Extraterrestrial Highway」と名付けられ、サインはUFO探しにレイチェル方面に向かう人たちの人気フォトスポットになりました。
標識の大部分にステッカーなどが貼られて読めなくなっているため、イベント後に設置しなおす際には新しいものに交換するようです。

関連ニュース:エイリアン+音楽のイベント3つ 9月19日-22日にラスベガスとエリア51付近で開催

「ストームエリア51」に影響されたのかはわかりませんが、オランダから訪れたユーチューバーを含む20代男性2人が9月10日、エリア51の近くにあるネバダ・ナショナル・セキュリティ・エリア(旧ネバダ核実験場)に立ち入り禁止の看板を無視し3マイル侵入、逮捕される事件が起きました。
ふたりは500ドルを払いすでに保釈されています。

 

OVO ポップアップショップがウィンプラザにオープン。ウィンコラボのTシャツも販売

2019年9月13投稿

ラッパーのドレイクが手掛けるストリートブランド「OVO(オクトーバーズベリーオウン)」が、期間限定でウィンホテルのハイエンドモール「ウィンプラザ」に出店します。

ここでしか買えないOVO×ウィン×ラスベガスコラボのTシャツも販売。


出店期間:9月14日-2020年1月12日
時間:日-木 午前10時-午後11時/金-土 午前11時-午前0時

ウィンプラザ

ウィン・ラスベガスにハイエンドなショッピングモールがオープン

2018-11-14



NFLレギュラーシーズンがはじまった!ラスベガスはレイダースを応援します!!

2019年9月10投稿

NFLプロフットボールのレギュラーシーズンがはじまりました。
レイダースがラスベガスに移転するまであと1年。開幕試合がおこなわれた9日、リンクホテルにおいて、初めてのオフィシャルなビューイングパーティーがひらかれました。


リンクには多くのファンが集ったようですが、私の行ったスポーツバーでは明らかに”試合を見に来た”のは私たちだけ。開幕試合だからみんな来るかと思ってたのに、なんということだ!

試合は24-16でデンバーブロンコスに勝ち。昨シーズンは散々な成績だったレイダース、今シーズンは勝ちまくって勢いをつけてラスベガスに来てほしい!!

関連ニュース:NFLラスベガスレイダースの本拠地スタジアム 名称が「アレジアントスタジアム」に

 

乱射事件から2年。10月1日は市内各所で追悼行事を開催

2019年9月10投稿

2017年10月1日におきた銃乱射事件からまもなく2年。犠牲となった58名を追悼する行事が今年もひらかれます。

1日は午前7時からクラークカウンティ・ガバメントセンター(アウトレットノース向かい)において追悼行事、午後4時から午後7時までタウンスクエアで献血、午後9時から事件現場となったイベント会場を手を繋いで囲む人間の鎖がおこなわれる予定。

その他の行事はTwitterのリンクから

関連ニュース:乱射事件現場にコミュニティセンターとアレジアントスタジアムのパーキング建設へ

 

デルタ航空 来春羽田-ポートランド線とポートランド-ラスベガス線新規就航

2019年9月10投稿

デルタ航空は来年4月、ポートランドーラスベガス線を新規就航予定。来年3月に新たに運航をはじめる羽田-ポートランド線から乗り継ぐことができ、ラスベガスへ行くフライトの選択肢が増えました。

フライトスケジュールは
羽田ーポートランド(DL68)午後6時45分発 正午着
ポートランド-ラスベガス(DL3822)午後2時発 午後4時10分着

ラスベガス-ポートランド(DL3525)午前10時35分発 午後12時50分着
ポートランド-羽田(DL69)午後2時発 翌日午後4時45分着

羽田ーポートランド線は2020年3月29日、ポートランド-羽田線は3月28日運行開始。ポートランド-ラスベガス、ラスベガス-ポートランドは2020年4月1日から運航。

乗り継ぎ時間がちょうどすぎる感じですが、ポートランドはそこまで大きくない空港。ターミナルビルはひとつだけ、コンコースは5つなので迷うことも少なそう。

デルタ航空は成田空港から撤退し、来年3月、羽田空港に5路線を新規就航。既存の2路線とあわせ羽田から7路線が運航します。

ほかの路線のスケジュール等:デルタニュースハブ

 

エイリアン+音楽のイベント3つ 9月19日-22日にラスベガスとエリア51付近で開催

2019年9月8投稿・2019年9月10日更新

エイリアン・リサーチセンター

レイチェルの近くにあるギフトショップ「エイリアン・リサーチセンター」

エイリアン好きが集まり音楽も楽しめるイベントが9月19日-22日、ラスベガスでひとつとエリア51の近くで2つ開催されます。

なぜ今エイリアン?なぜこの4日間に集中?なぜイベントが開かれるようになったかというと

エリア51とは、「エイリアンの死体が保存されている」とか「エイリアンが働いている」など、とにかくエイリアンの噂が絶えない空軍基地のこと。ラスベガスから北に200キロくらいのところにあります。

そのエリア51に攻め込んでエイリアンを探すイベント「Storm Area 51」を9月20日におこなうと、20歳の大学生Matty Robertsが今年6月に冗談(本人談)でFacebookにポスト。
この投稿が爆発的にバズり、Facebookに「参加予定」とした人が200万以上、150万人が「興味あり」とするほどに。

あまりの騒ぎに空軍が警告を出す事態となり、MattyはFacebookの投稿を削除。しかし諦められない人々が同様のイベントを企画、現在も参加者を募っています。
本当に基地に侵入する人がいるのではないかということで、基地の近くの街ではStorm Area 51に代わるイベントをひらくことに。

この経緯は下のTwitterの動画がわかりやすいです。

動画に出てくる音楽イベント「ALIENSTOCK」は9月20日-9月22日の3日間、エリア51にいちばん近い街レイチェルで開催。
出演アーティストはウェブサイトで確認を。

そのほかの関連イベントは

AREA 51 CELEBRATION
9月19日 ダウンタウンラスベガス・イベントセンター 午後8時 入場無料ですがウェブサイトから予約推奨 地球年齢で21歳以上入場可
ストームエリア51を言い出したMattyがホスト。クラブイベントを企画するCollective Zooが手掛けるため、ダンスミュージックのイベントになる模様。出演DJは最高機密のため発表されていません。
会場ではエイリアンが描かれた特別仕様のバドライトを販売。

AREA 51 BASECAMP
9月20日-21日 レイチェルの手前にあるエイリアンリサーチセンターというギフトショップの敷地で開催。
ライブエンターテイメント、UFOについての議論、ドキュメンタリー番組”Bob Lazar: Area 51 & Flying Saucers”視聴(↓)など。



エアロスミス レジデンシーを15公演追加

2019年9月5日投稿

エアロスミスはパークシアター(パークMGMホテル)におけるレジデンシーを「超大人気」のため15公演追加します。

追加日程は
2020年1月29・31
2月3・5・8・10・13・15
5月20・23・25・28・30
6月2・4

チケットはプレリリースが9月9日午前10時から、一般発売が9月13日午前10時から

エアロスミスレジデンシー

エアロスミス ラスベガスでレジデンシー公演はじまる

2018-08-17

 

きゃりーぱみゅぱみゅも出演のフェス、中止へ

2019年9月5日投稿

きゃりーぱみゅぱみゅやマシュメロなどが出演予定だった音楽とゲームのフェスティバル「Metarama」(10月19日-20日)はキャンセルされました。
主催者はキャンセルの理由を明らかにしていませんが、チケットの売れ行きが芳しくなかったこと、スポンサーの確保が難しかったことなどから中止に至ったと見られています。

主催者によると、チケット代金は9月6日までに返金されるということです。

 

マッカラン国際空港で最新技術を使ったセキュリティチェックが試験運用中

2019年9月5日投稿

マッカラン国際空港ターミナル3において、最新技術を用いた搭乗客のセキュリティチェックの試験運用が2か所でおこなわれています。

1)顔認証技術

セキュリティチェックに入る前、係員にパスポートと搭乗券を提示し、搭乗券にチェックマークを入れてもらうところでテスト中。
TSA Preチェックレーン利用者が任意で受けることができる。

チェックポイントで撮影した画像と搭乗客が持っているパスポートやIDの写真を照合し、同一人物かどうかを判定。
ただし、あくまでもテストのため、ここで認証されても乗客はあらためて係員にパスポートと搭乗券を提示し、チェックを受けなければならないようです。

試験運用期間は8月24日から30日間の予定。

2)Innovation Checkpoint


ユナイテッド航空利用者のうち選ばれた乗客が利用できるセキュリティチェックポイント。日曜から木曜までの午前10時から午後2時まで運用。
ここを利用すると今までより強固なセキュリティとスピードアップが期待できるそうです。

搭乗客はまずチェックポイントでパスポートやIDを提示。
Credential Authenticationという技術を用い、IDを自動的にSecure Flight Databaseに照会し、IDが本物か否か期限切れでないか調査。
この技術を用いると搭乗するフライトを確認することができるため、搭乗券を提示する必要はありません。

次はボディスキャナー
Advanced Imaging Technology Body Scanner (eAIT)というスキャナーを使用。従来のように両手をあげカメラが身体の周りをぐるっと回るものではなく、手は下げたままスキャナーの上に乗るとほどなくスキャンが終わります。

手荷物検査
現在の2Dスキャナーから高画質の3Dスキャナーを用いた検査に。画像を回転することも可能。
将来的には電子機器をバッグの中に入れたまま検査し、液体は今より多くの量を持ち込めるようになるそうです。

 

乱射事件現場にコミュニティセンターとアレジアントスタジアムのパーキング建設へ

2019年9月4日投稿

2017年10月1日に起きた乱射事件の現場となり、事件以来まったく使われることがなかったイベント会場が、コミュニティセンターと近くに建設中のアレジアントスタジアムの駐車場として利用する計画があることがわかりました。
会場を所有するMGMリゾーツインターナショナル社が3日、発表しました。

イベント会場はルクソールホテルの向かい側にあり、会場北側はスポーツや地域のイベントをおこなうことができるコミュニティセンターを建設。センター内に事件で犠牲となった58人を追悼するスペースも設ける予定。

会場南側はマンダレイベイホテルの西側に建設中の、アレジアントスタジアム用パーキングとして利用。
スタジアムはNFLレイダースとUNLVネバダ大学ラスベガス校のフットボールチームの本拠地となるほか、スポーツやコンサートなどのイベント開催が見込まれています。

工事時期などは明らかにされていませんが、近々会場近くの歩道から工事を始める模様。

関連ニュース:NFLラスベガスレイダースの本拠地スタジアム 名称が「アレジアントスタジアム」に

 

今月以外のニュースはニュースアーカイブ