ラスベガスニュース 2022年3月 随時更新

ベラージオの植物園

ラスベガスの最新情報とニュースをお届けします。

今月以外のニュースはニュースアーカイブ

写真はベラージオ植物園2021年春の展示↓

ベラージオ植物園

【ベラージオの植物園】世界中から春の便りが届く

2021-03-22

 

ラスベガスエリア新型コロナ発生状況
3月11日発表 ※3月12日以降は週1回水曜に発表に変更されました

新規感染者数 369人(累計 491,021人)直近2週間の陽性率 4.8%

マーチマッドネスはじまる ラスベガスで地区予選を開催

2022年3月10日

Tモービルアリーナ前

Tモービルアリーナ 2022年3月9日

今年も「マーチマッドネス」がはじまりました。

マーチマッドネスとはNCAA全米大学協会男子バスケットボールトーナメントのこと。
大学バスケの王者を決める大会に全米が熱狂するからこのように言われているとか。

このトーナメントはラスベガスでは開催されませんが、地区予選がいくつかの会場でおこなわれています。

PAC-12チャンピオントロフィー模型

PAC-12チャンピオントロフィー模型 2022年3月9日

その中のひとつがTモービルアリーナで12日まで開催する「PAC-12」。西部地区12校が出場します。

動画はアリゾナステート(黄色ジャージ)vs スタンフォード(えんじ)
試合は終了間際に放ったシュートが決まったスタンフォードがサヨナラ勝ちをおさめました。

大学バスケといっても試合は意外と派手な演出がなされてびっくり。
試合は前半20分・後半20分、ハーフタイムショーもあり、1試合2時間くらいかかります。

マーチャンダイズ

各大学のTシャツ販売中 Tモービルアリーナ 2022年3月9日

アリーナ前広場ではチアとブラスバンドによる応援会もあり、祭りの雰囲気でした。

UCバークレー

カリフォルニア大学バークレー校応援団 2022年3月9日

PAC-12以外のラスベガスで開催中の地区予選

  • Mountain West ~3月12日 地元UNLVが所属。UNLVのホーム、トーマス&マックセンターにて
    UNLVは準々決勝で姿を消しました。
  • Big West(カリフォルニアとハワイ?)~3月12日 ダラーローンセンター(ヘンダーソン)
  • WAC(西部地区)~3月12日 オーリンズアリーナ
  • West Coast(八村のいたゴンザガ大学が所属)終了

各地区予選の優勝チームとNCAAが選んだチーム合計68チームが本戦に出場。
本戦は3月15日にはじまり、4月4日ニューオーリンズで決勝がおこなわれます。

試合は賭けの対象

スポーツブックでは予選の試合から賭けることができます。
全米チャンピオンのオッズも出ていて、いちばん優勝に近いと思われているゴンザガ大学は4倍、次がAuburnの8倍、UNLVは2000倍でした。

 

St.パトリックスデーのイベント

2022年3月8日

Stパトリックスデーのラスベガスサイン

サイン周りのライトがグリーンに 2021年3月17日

3月17日は緑の日「セントパトリックスデー」。今年もいくつかのイベントが開催されます。

3月16日

  • フリーモントストリート
    フラッシュモブ、セルティックダンサー、アイリッシュバンドのステージ等盛り沢山。緑を着た人々をウォッチするのも楽しい
    ~20日まで

3月17日

  • パレード 午前10時 ザ・パーク
    バグパイプバンドのパレード Bliss(パーク内の女性の像)→ニューヨークニューヨークホテルカジノ→ブルックリンブリッジ
  • セルティックフェス 午前10時30分~午後11時 ニューヨークニューヨークホテル ブルックリンブリッジ
    ステージにアイリッシュバンドのなどが出演 入場10ドル~
  • フリーモントストリート
    フラッシュモブ、セルティックダンサー、アイリッシュバンドのステージ等盛り沢山。緑を着た人々をウォッチするのも楽しい
    ~20日まで
  • 消防士のパレード フリーモントストリート
    正午にフリーモントとメイン通りを出発→フリーモントストリートを通りサードストリートで北上→フリーモントと3rd近くのHogs & Heifers Saloonが終点
  • リンクプロムナード
    ステージでは氷の彫刻を作成。バグパイプのグループが通りをアイルリッシュに染める。観覧車も緑に。

3月18日

  • フリーモントストリート
    フラッシュモブ、セルティックダンサー、アイリッシュバンドのステージ等盛り沢山。緑を着た人々をウォッチするのも楽しい
    ~20日まで

3月19日

  • パレード 午前10時 ザ・パーク バグパイプバンドのパレード Bliss(パーク内の女性の像)→ニューヨークニューヨークホテルカジノ→ブルックリンブリッジ
  • フリーモントストリート
    フラッシュモブ、セルティックダンサー、アイリッシュバンドのステージ等盛り沢山。緑を着た人々をウォッチするのも楽しい
    ~20日まで

3月20日

  • フリーモントストリート
    フラッシュモブ、セルティックダンサー、アイリッシュバンドのステージ等盛り沢山。緑を着た人々をウォッチするのも楽しい

 

オフロードレース「ミント400」ラスベガス郊外の砂漠で開催

2022年3月6日

ラスベガス郊外の砂漠でオフロードレース「The Mint 400」が3月11日-12日に開催。レース前にはイベントがおこなわれます。

レースはプリムをスタート・フィニッシュラインとして開催し、11日は予選、12日が本戦。
Unlimited Truck SPECクラスには日本人ドライバー三浦昴選手が出場します。

イベント

  • オフロードカーパレード 3月9日午後4時 マンダレイベイからフリーモントストリートイーストまで125台がパレード
  • オフロードフェスティバル 3月10日午前9時-午後6時 フリーモントストリートイースト 入場無料

レース

観戦はプリムまたはジーンにて

  • プリム
    観戦チケットは前売り15ドル/当日20ドル
    パーキングはホテルのパーキングは無料、会場に近いところは有料。
  • ジーン
    観戦無料?観戦は決められた場所で
    パーキングチケット50ドル

イベント・レース詳細、チケット購入はこちらから

ミント400は砂漠の中を400マイル(640キロ)疾走する過酷なレース。
ダウンタウンに存在したミントホテルがスポンサーとなり1968年に第1回レースを開催。1990年から休止したのち、2008年にレースが復活しました。

 

ナスカーを運ぶトラックのパレードがおこなわれました

2022年3月5日

トラックのパレード

40台がパレード プラネットハリウッド前 2022年3月3日

アメリカで最も人気のモータースポーツ「NASCAR」がラスベガスモータースピードウェイにおいて、3月4日から6日まで開催。

これに先立ち、レースカーを運搬する大型トラック40台のパレードが3日、ラスベガスブルバードにておこなわれました。

パレードを待つ人たち

パレードを待つファン 2022年3月3日

パレードはルクソールホテルを午後6時に出発し大通りを北上、サハラ通りからフリーウェイ15号線にのりスピードウェイを目指します。


↑プラネットハリウッド前は6時5分くらいに先頭が通過

トラックに乗っているのはトラックの運転手だけ。ナスカードライバーもレースカーもトラックに乗っていないのにファンの熱気がすごい。そしてそれに答えるトラックのホーンも。

トラックのパレード

噴水ショーで歓迎 2022年3月3日

パレードは10分位で通過していきました。

ナスカーは毎年春と秋にラスベガスモータースピードウェイで開催。
今年秋は10月14日から16日まで、プレーオフがおこなわれます。

 

ラスベガスマラソン 2年ぶりに開催

2022年3月2日

スタート地点付近

スタート地点 2022年2月27日午後4時40分

夜景きらめくラスベガスブルバードを走る「ロックンロールラスベガスマラソン」が2月26日-27日におこなわれました。

2020年はコロナ感染拡大のため中止。2021年に開催を11月から2月に変更したため、今回は2年3か月ぶりの大会です。

26日は5キロ、27日は10キロとハーフマラソンを実施。両日で35000人が出場し、うち32000人が州外からのランナーだそう。


↑時間があうとベラージオの噴水ショーが見れます 2月27日午後6時30分

コースはハーフがアリア前から南下し、ラスベガスサイン付近で折り返し北上、フリーモントストリートで折り返し南下。
10Kはウィンホテル前で折り返し。
どちらのコースもゴールのミラージュホテルを目指します。

スタート直前

スタート直前 2022年2月27日午後4時29分

27日は10K・ハーフとも午後4時30分にアリアホテル付近をスタート。

ラスベガスマラソン

折返してきた先頭集団とスタート地点を目指す出場者 プラネットハリウッド前 2022年2月27日午後5時5分

全員がスタートするには相当時間がかかるようで、先頭が走り出してから30分以上たっても、出場者が続々とスタート地点に向かってました。

バンドも応援

バンドが応援 ベラージオ前 2022年2月27日午後5時5分

このマラソン大会は「ロックンロール」を冠するだけあってコース上でバンドが演奏しランナーを応援。
今年も10か所以上でバンド演奏・エンタメがありました。

歩道のギャラリー

ベラージオ前 2022年2月27日午後6時20分

歩道につめかけたギャラリーも強力な応援団。ベラージオあたりでは見物客は途切れることなく。

プラカードを出す見物客

プラカードで応援 2022年2月27日午後6時10分

家族や友達が出場しているのか、プラカードを掲げる人もちらほら。

午後7時過ぎにはベラージオ付近は通行止め解除の準備をしていました。

今年のハーフマラソンの優勝は男子がカナダのバンクーバーから出場したジャスティン・ケントさん(1時間4分38秒)
女子はラスベガス在住のエリ-・スティーブンスさん(1時間17分53秒)

2023年のエントリー受付中

KISSのコスプレグループ

KISSのコスプレをしたグループ 2022年2月27日午後4時37分

ロックンロールラスベガスマラソンは、早くも2023年の出場申し込みを受け付けています。
自己ベストを目指すもよし、思い出出場もまたよし!
※フルマラソンは2022年大会から中止

  • 5キロ 2023年2月25日 参加料59ドル(3月6日まで?以降値上げ)
  • 10キロ 2023年2月26日 参加料89ドル(3月6日まで?以降値上げ)
  • ハーフマラソン 2023年2月26日 参加料99ドル(3月6日まで?以降値上げ)

エントリーは↓から
https://www.runrocknroll.com/las-vegas-register