ラスベガスニュース 2023年1月 随時更新

新年を迎えたラスベガスストリップ

ラスベガスの最新情報とニュースをお届けします。

今月以外のニュースはニュースアーカイブ

写真はカウントダウン花火終了直後のプラネットハリウッド付近 2023年1月1日

JAL国際線に乗って大谷さんのサインボールを当てよう【PR】

JALは現在「JAL国際線に乗って当てようプレゼントキャンペーン」を実施中!

2023年3月31日までに対象路線・便のJALグループ国際線に2回搭乗すると、LAアナハイム大谷さんのサインボールやJALグループ国内線往復航空券、7000マイルが当たるかもしれません。

詳細・応募は↑のリンクから

ラスベガスエリア新型コロナ感染者数

2月8日発表 週1回水曜発表

南ネバダ保健局はラスベガスエリアの公共の屋内ではマスクの着用を推奨しています

1日の新規感染者数2週間平均 94人(先週は93人/先々週は104人)
感染者累計 61万8596人
入院患者数 133人(先週より5人増)

2022年のカジノ収益 過去最高に

2023年1月31日

ハラスホテル
カジノ中でも獅子舞見学 ハラスホテル 2023年1月27日

2022年のネバダ州全域におけるカジノの収益は148億ドルにのぼり、過去最高となりました。ネバダゲーミングコントロールボードが発表しました。

12月の州のカジノ収益は13億1000万ドルとなり、前年同月と比べ14.3%増え、パンデミック直前の2019年12月より24.3%増加しました。収益が10億ドルを上回るのは22か月連続です。

ストリップ地区の12月のカジノ収益は、州全体のおよそ62%にあたる8億1400万ドルとなり過去最高に。

同地区の2022年のスロットマシンの売り上げは563億9000万ドルで前年比16.7%増。最も売り上げた2007年の509億1000万ドルを上回りました。
また収益は45億9000万ドルとなり前年比15.1%増。こちらも過去最高となりました。

ストリップ地区における2022年のテーブルゲーム賭け金合計は258億7000万ドル。収益は37億ドルで2013年の36億ドルを上回り、やはり過去最高でした。

シークレットガーデンに開業当時からいたイルカが死亡

2023年1月30日

ドルフィンハビタット
ドルフィンハビタット 2008年6月13日

「シークレットガーデン&ドルフィンハビタット」(ミラージュホテル)に開園した時からいたイルカが死亡したことがわかりました。

同園は希少動物を集めたミニ動物園とイルカの研究施設として1990年10月にオープン。死亡したメスイルカは開園したときの5頭のうちの1頭。48歳でした。
バンドウイルカの平均寿命は20年~30年のようなので大往生かもしれません。

ドルフィンハビタットでは昨年4月に13歳のイルカが、9月には19歳と11歳になるイルカが相次ぎ死亡したことを受け、昨年9月下旬から休業。閉園が決まっています。

関連記事
ミラージュのシークレットガーデンが閉鎖

2023春節 獅子舞や舞踊ショーが開催

2023年1月30日

春節を祝うサイン
春節のサイン ハラスホテル 2023年1月27日

1月22日は春節。ラスベガスでも29日にかけ、多くのホテルやショッピングモールで獅子舞が披露されました。

獅子舞~ハラスホテル

ハラスホテルでは獅子舞を27日に開催。3頭の獅子が正面玄関からカジノを練り歩き、居合わせた人たちも獅子を写真におさめていました。

途中テーブルゲームエリアでは”採青(さいちん)”も披露。採青は天井から吊り下げた青菜をくわえて取った後、その青菜を投げるという商売繁盛を祈る行事。
獅子が青菜を口から投げたときは正直引きましたが、受け取った人が歓声を上げていたところをみると縁起物のようです。

中国舞踊~グランドカナルショップス

ベネチアンホテル2階のグランドカナルショップスでは中国舞踊のショーを開催。
中国らしい音楽にあわせ優雅な舞が披露されました。

ラスベガス初 大麻が使用できるホテルがオープン予定

2023年1月26日

フリーウエイ15号線とサハラ通りに位置するブテックホテル”Artisan”がブランド再構築をおこない、マリファナが使用できるホテルとして再オープンすることがわかりました。

ホテルで使用できるのようになるのはラスベガスで初めて。
ネバダ州は2017年に嗜好用大麻の使用を合法化。しかし公共の場所は使用禁止、ホテルも屋内・屋外問わず使用を認めていませんでした。

Artisanはアリゾナ州を拠点とするElevationsホテルズ&リゾーツが1190万ドルで買収し、300万ドル以上を費やし改装。客室数64のカジノのないホテル「The Lexi」としてこの春オープン予定。
大麻が使用できるのは4階全体で、最新の空気清浄システムを備えるそう。

エレベーションズはアリゾナ州フェニックスにおいて、すでにマリファナフレンドリーなホテルを運営しています。

春節を祝おう~獅子舞・龍舞スケジュール

2023年1月15日

1月22日は春節。今年もホテルやショッピングモールでは獅子舞・龍舞を披露し春節を祝います。

トラディショナルな感じのベネチアン/パラッツォホテル 2022年2月1日

悪魔祓いの意味があるという獅子舞・龍舞。
ラスベガスには獅子舞をおこなうグループが複数あるようで、ホテルの系列によりパフォーマンスするグループが異なります。見比べて見るのもおもしろいかも。

獅子舞・龍舞は、開眼式をおこなっても20分から30分くらい。

福の神が観客を煽る Yau Kung Moonがパフォーマンス ベラージオホテル 2021年2月14日

日程

1月22日
  • 正午-午後3時
    • ファッションショーモール 
      グレートホール(サックス5thアベニュー横)ではランタン作りも
  • 午後1時
    • シルバートンホテル 正面玄関
  • 午後3時
    • パームスホテル 午後3時から3回披露
  • 午後5時 
    • ストラトホテル(旧名称ストラトスフィア)
    • ダウンタウンサマリン パークセンターDr.をパレード
  • 午後6時 
    • リゾートワールドホテル ストリップ側玄関
  • 午後7時
    • パレスステーションホテル
1月23日
  • 午後3時 
    • ベネチアンホテル 
      正面玄関近くで開眼式のあとベネチアンのロビー→カジノ→滝の広場→パラッツオカジノ→パラッツオロビーで終了
  • 午後5時30分 
    • ウィンホテル
1月25日
  • 午後4時 
    • グランドカナルショップス(ベネチアン2階)
      獅子が店をまわり繁栄を祈るイベントのもよう
  • 午後5時 
    • オーリンズホテル カジノフロア
  • 午後7時 
    • ゴールドコーストホテル カジノフロア
1月26日
  • 正午-午後1時 
    • グランドカナルショップス(ベネチアン2階)Stマークススクエア 
  • 午後6時
    • レッドロックホテル
1月27日
  • 正午 
    • クロムウェルホテル
    • ショップス・アット・クリスタルズ
  • 午後1時 
    • フラミンゴホテル
  • 午後2時 
    • リンクホテル
  • 午後3時 
    • ハラスホテル
  • 午後4時30分-午前0時 
    • 伝統舞踊 グランドカナルショップス(ベネチアン2階)Stマークススクエア 
  • 午後5時 
    • リオホテル
  • 午後6時 
    • アリアホテル正面玄関 Yau Kung Moonがパフォーマンス
  • 午後9時
    • ランパートホテル カジノフロア
1月28日
  • 午前11時-午後1時
    • パレード フリーモント・イースト・エンターテイメント・ディストリクト(ダウンタウン) 
    • アフターパーティーは正午から午後3時30分までコンテナパークにて(入場無料)
  • 正午 
    • プラネットハリウッドホテル
  • 午後1時 
    • ベラージオホテル正面玄関 Yau Kung Moonがパフォーマンス
    • パリスホテル
  • 午後2時 
    • ホースシューホテル(旧名称バリーズ)
  • 午後4時30分-午前0時 
    • 伝統舞踊 グランドカナルショップス(ベネチアン2階)Stマークススクエア
  • 午後5時 
    • MGMグランドホテル正面玄関 Yau Kung Moonがパフォーマンス
    • シーザーズパレスホテル
    • パームスホテル 午後5時から3回披露
  • 午後6時
    • Mリゾート ロビーからカジノへ
1月29日
  • 午後1時 
    • コスモポリタンホテル大通り側玄関 Yau Kung Moonがパフォーマンス
    • プレミアムアウトレット・ノース シェイクシャック前 Kung Fu Academyがパフォーマンス
  • 午後4時30分-午前0時 
    • 伝統舞踊 グランドカナルショップス(ベネチアン2階)Stマークススクエア
1月30日
  • 午後4時30分-午前0時 
    • 伝統舞踊 グランドカナルショップス(ベネチアン2階)Stマークススクエア
ウサギのメダル

フリーウェイ15号線トロピカーナ付近の通行止がおこなわれます

2023年1月11日

フリーウェイ15号線トロピカーナ通り付近の改良工事「Dropicana」プロジェクトは、1月17日から1月30日にかけ大規模な通行止めを予定。
特に15号線南行きトロピカーナ出口は注意!利用できない期間が長期間に及びます。

15号線やトロピカーナ通り周辺は渋滞が予想されます。この付近を通る人は迂回路を使って。

通行止め区間・期間

15号線トロピカーナ通り出口・入り口閉鎖
  • 15号線南行きトロピカーナ出口
    1月17日午後9時から東行き(ストリップ方面)は2024年中頃まで、西行きは2023年秋頃まで
  • 15号線北行きトロピカーナ出口
    1月22日から1月30日まで
  • トロピカーナから15号線南行き入り口
    1月22日から1月30日まで
  • トロピカーナから15号線北行き入り口
    1月22日から当面の間
  • 15号線北行きからアリーナドライブにアクセス
    1月28日から当面の間
15号線北行き・南行き通行止め
  • ラッセル~フラミンゴ間。ラッセル南行きとフラミンゴ北行きの出入り口は利用可
    1月27日午後10時から1月30日午前5時まで
トロピカーナ通り西行き・東行き通行止め
  • ディーン・マーティン~ニューヨークニューヨーク
    1月22日から1月30日まで
    ※この区間は今年秋頃まで両方向2車線づつに車線が減ります。なるべく避けて

Dropicanaは2024年末に完了予定。詳細はウェブサイト

CESが閉幕~3年ぶりに通常開催に

2023年1月11日

CES2023
ラスベガスコンベンションセンター ウエストホール横 2023年1月5日

世界最大の最新テクノロジーの展覧会「CES(シーイーエス)」が1月5日から8日まで開催。ラスベガスコンベンションセンターやベネチアンエキスポ(ベネチアンホテル)をはじめ、市内ホテルのコンベンションルームがテック一色に染まりました。

コロナ禍において2021年はオンラインのみ、2022年はリアルとオンラインでひらかれていて、通常の展覧会となるのは3年ぶりです。

アンドロイドのCM
スクリーンを独占したアンドロイドのCM TIホテル 2023年1月3日

今回は173の国と地域からおよそ3200社が出展、うち35%が米国外の企業。来場者数は140か国から11万5000人、うち4万人が海外からの参加者でした。

ちなみにパンデミック直前に開催された2020年のCESは出展企業数4500、来場者数17万5000人。以前のようになったといっても規模はまだコロナ前に及びません。
また、例年会場はテック祭りとも言えるほどの祭り感であふれますが、今回は冷静な雰囲気でした。

来年のCESは1月9日から12日まで開催予定。

西村経済産業大臣が視察

西村経済産業大臣が7日と8日にCESを視察。スタートアップや日本企業のブースを訪れたようです。
大臣は視察後、若手起業家1000人をフランスとイスラエルに派遣することを明らかにしました。

フランスはあまりテクノロジーという印象がないですが、CESのスタートアップが集まるフロアでは広いフランスエリアを展開しています。

大人のエンターテイメントエキスポも開催していた

大人界のスター
AVNアワード参加者 リゾートワールドホテル 2023年1月7日

大人のためのエンターテイメントエキスポ「AVN」もひらかれてました。

AVNは毎年CESに日程を合わせ、今年は4日から7日までリゾートワールドにて開催。1000人のアダルト界のスターが登場し、2万5000人の来場者があったようです。

7日にはAVNアワードがおこなわれたようで、スターをひと目見ようとするファンたちがレッドカーペット前を占拠していました。

レイダースの2022シーズンが終了

2023年1月9日

プロアメフトリーグNFLのレギュラーシーズン最終戦となる第18週が先週末おこなわれ、ラスベガスレイダースは本拠地でカンザスシティチーフスと対戦。13-31という大差をつけられ負けました。

プレーオフ進出にごくわずかな可能性を残した第17週の試合に負けているため、チーフス戦で勝っても負けても、この試合をもってレイダースの2022シーズンは終了でした。

今シーズンの対戦成績は6勝11敗。成績下位チームから指名権が与えられるドラフト会議において今年は指名順7位ということなので、リーグ32チーム中26位の成績だったことになります。

第17週から正クオーターバックが下げられ控えの選手が出場したことを受け、すでにラスベガスでは「来シーズンのクオーターバックは誰か?」が関心の的に。大スターが移籍してくるという希望的観測も。

そして、良い選手を獲得するチャンスが大きいドラフト会議は4月27日から29日まで、カンザスシティにて開催されます。

来シーズンはもっと何とかなりますように!

リゾートワールド セルフパーキングが有料に

2023年1月9日

リゾートワールドホテルのセルフパーキングが4日から有料になりました。

リゾートワールドのリワードプログラム「Gentinh Rewards」メンバーは、ステータスにかかわらず無料で駐車できます。
メンバー以外の料金はフラット料金で1日10ドル。1時間無料やローカル無料はありません。

リワードメンバーは、入庫時にゲートのマシンにメンバーズカードを入れる/アプリのQRコードをスキャンします。QRコードはマシンに思い切り近づけないと認識しません。
帰りは何もしなくてもバーが開きます。

リゾートワールド近くでは、北隣りにあるサーカスサーカスホテルのセルフパーキングは無料。
ウィン/アンコール、ベネチアン/パラッツオも現時点では無料ですが、有料化の噂があります、

2023年ラスベガスに来るもの

2023年1月4日

今年は当初の予定より開業が遅れた大きな建物が2つオープン。スポーツ関連では昨年に続きNFLがオールスターゲームを開催。そしてF1ラスベガスグランプリが始まります。

MSGスフィア

MSGスフィア
MSGスフィア ウィンとパラッツォの間の歩道橋から撮影 2023年1月3日

球形のイベント会場「MSG Sphere at The Venetian(MSGスフィア)」は、2023年秋ごろオープン予定。
U2が6週間にわたるレジデンシー公演をおこない、初日が会場のこけら落とし公演になるという噂も。

MSGスフィアに接近
MSGスフィアに接近 2023年1月5日

スフィアは高さ110メートル×幅155メートル、球形の建物としては世界最大。内部は座席数1万7500、16万4000個のスピーカーを備えています。総工費21億7000万ドル。
場所はベネチアンホテルの東。同ホテルとは屋根付きの通路で結ばれるそうです。

スフィアは当初2021年開業予定でしたが、パンデミックのため建設が一時中断。開業時期が遅れました。

フォンテーヌブローホテル

TIとベネチアンの間の歩道橋から
青い建物がフォンテーヌブローホテル 2023年1月5日

建設開始から15年、ついに「Fontainebleau las Vegas(フォンテーヌブロー)」がオープンするようです。開業は今年末ごろの予定。

巨大な青いホテルは67階建て、客室数3700室のカジノホテル。広いショッピングモールとコンベンションスペースを持つ。
ホテルの場所は北ストリップ、サーカスサーカスホテルのななめ向かい。

F1ラスベガスグランプリ

レッドブルチームのレースカー
F1ラスベガスローンチイベント 2022年11月5日

大通りと周辺道路をコースとする「F1ラスベガスグランプリ」が11月16日から18日まで開催。
18日の決勝レースは午後10時スタート。きらきらの夜景を背景に、フォーミュラー1カーが最高速度340キロで走り抜けていきます。

ラスベガスグランプリは現時点で2025年までおこなうことが決まっています。

F1ラスベガスGP

カウントダウン花火 2023年の幕開けを告げる

2023年1月4日

カウントダウン花火 プラネットハリウッドホテル前 2023年1月1日

カウントダウン花火が今年も新年のはじまりとともに上がり、8分間にわたりラスベガスの夜空を派手に染めました。

予報は悪天候

花火が遅れるかもしれないという注意書き
花火が遅れるかもしれないという注意書き プラネットハリウッド 2022年12月31日

前回は強風が吹き荒れ花火を上げることができるか心配でしたが、今回は強風に加え雨の予報も。ホテルのマーキーに”強風の場合は花火開始が遅れます”という注意書きが表示されました。

雨宿りする人たち
パークMGMホテル前で雨宿り 2022年12月31日

しかし花火の神様はラスベガスに微笑んだ!
雨は午後11時すぎから降りはじめたものの小雨。花火を見ているあいだは雨はまったく気にならなかったくらい。風は心配するほど強いものではありませんでした。

人出は少なめ

警察はストリップとダウンタウンの人出を40万人とみていました。

花火を待つ人たち アリアホテル前 2022年12月31日午後11時50分

予想は外れたのかストリップはスカスカ。悪天候の予報だったからかもしれませんが。
でも、さすがにベラージオホテルやシーザーズパレスホテルあたりは混雑してたようです。ほかの打ち上げホテル前も少し混んでいました。

ブロックパーティーがおこなわれたフリーモントストリートは、多くの人が詰めかけたみたいです。