【ベラージオの植物園】世界中から春の便りが届く

ベラージオ植物園

ベラージオホテルの植物園が春の展示にかわりました。

花々の香りで満たされた庭園は回復と発展、そして新しい季節のはじまりを表現しているそう。

ヨーロッパ、アメリカ、アジアの国々の春をみてみましょう。




春の展示

イギリスの春

イギリスのフラワーショー

植物園に入り最初に出迎えてくれるハチドリ。向こうには、150年以上の伝統を誇る「チェルシーフラワーショー」に敬意を表した庭園が広がります。

イギリス庭園

100匹のチョウが舞う温室

イギリスの庭園

ボートは春から新しくはじまる航海のシンボルなんだって

 

オランダの春

世界最大級のフラワーパークといわれる「キューケンホフ公園」の風景。

キューケンホフ公園

公園のようにチューリップ、ヒヤシンス、スイセンが咲き誇る。

オランダの公園

風車の隣の大輪の花はバラが集まってできています。

バラでできたつぼみ

いちばん左の花と花の後ろに隠れているつぼみ。バラでできていることがわかるはず。

 

アメリカの春

ワシントンの桜まつり

首都ワシントンに春を告げる桜の花。毎年70万人が訪れる「全米桜祭り」は、1912年に東京から桜が贈られたことを記念し開催されます。

ワシントン桜祭り

歩道の両側で咲く桜とアメリカの国花バラ

ワシントンの桜

満開の桜の中を歩けば、まるで桜祭りに来ているよう?

ワシントンの桜

ジェファーソン記念堂や議会議事堂など、ワシントンの歴史的な建築物をモチーフにした歩道中央のホール。その上には星条旗がはためきます。でもよく見ると星のところがチョウに。

 

タイの春

タイの寺院

黄金の仏像が目を引くタイの寺院。ここだけお香のかおりに包まれていました。
タイでは毎年4月「ソンクラーン」という『水かけ祭り』がおこなわれます。

タイ寺院

もともとは仏像や年長者の手に水をかけて清めるという、旧正月の伝統的な行事でした。

タイの象さん

しかし、現在では通りなどで見知らぬ人同士が水をかけあい盛り上がる、フェス的な祭りに。ゾウも参加し遠慮なく水をかけます。

 

春の展示について

春の展示

庭園のデザインはエド・リビーとホテルの園芸スタッフ。
リビーは2017年から植物園のデザイナーとアートデレクターをつとめています。

イギリス庭園

展示期間中に3万本の花と木が使われます。
春の展示は2021年5月22日まで

 

ベラージオ植物園
入場無料。無休、24時間オープン

過去の展示 ➡ ベラージオ植物園 アーカイブ




植物園のコロナウィルス感染防止対策

植物園は感染防止対策のため、ソーシャルディスタンスを確保しながら、一方通行で見学するようになりました。

植物園入場口
植物園は入場口が1か所になりました
ベラージオ植物園
入場口ではホテルスタッフの指示に従い園内へ
植物園は一方通行
園内は一方通行の見学ルートが設けられています。
なるべく前の人と1.8メートル以上距離をとって。密を避けて!