【2018年】何かをつくる・やめるニュース

何かをつくる・やめる

ラスベガスで何かがオープンする・何かがクローズするニュースです。


サンズ、球型のエンターテインメント会場建設

9月29日投稿

ベネチアンホテル、パラッツオホテルを所有するラスベガス・サンズ社が、マジソンスクエアガーデン社と共同で新しいエンタメベニュー『MSG Sphere』を建設します。

9月27日に起工式がおこなわれました。

総工費7,500万ドル、2020年末オープン予定。

球型のシアターは最新のサウンドシステムや映像技術を使用し、会場内の映像をスクリーンで覆われた建物の外壁に映すことができるとか。

収容人数は18,000人。ストリップ地区ではTモービルアリーナに次ぎ2番めに大きな会場となります。

場所はベネチアンホテルの東側。コバル通りとウィンホテルの従業員駐車場をはさんだところにある空き地で、ホテルとのあいだは歩道橋で結ぶそうです。

MSG sphere

『MSG Sphere』建設地

 

ベラージオのカフェ・ベラージオ閉店、新しいレストラン&ベーカリー開業へ

9月24日投稿

ベラージオホテルの植物園の中にある『カフェ・ベラージオ』が8月19日、閉店しました。
現在、カフェのあった場所では『Sadelle’s』の工事が12月オープンにむけて進行中です。

なお、工事がおこなわれているあいだ、アメリカ料理の『Harvest』(午前6時-午後2時)でも朝食とランチをとることができます。

カフェ・ベラージオ閉店

『Sadelle’s』はアリアホテルにある『Carbone』を手がけたメジャーフードグループが運営するニューヨーク料理のレストランとベーカリー。
ニューヨークの店は雑誌・新聞の「ニューヨークのベストブランチ」などに何度も選出されているということで、期待できそうです。

カフェ・ベラージオは1998年10月のホテルオープンから20年にわたり営業。
大きく開いた窓から植物園やプールが見渡せる店でした。

カフェ・ベラージオ閉店

カフェ・ベラージオ店内から植物園を眺める 2012年10月6日

 

ダウンタウンにエンタメ・ダイニング施設建設

アートディストリクト(チャールストンとメインあたり)で、エンターテインメントとダイニングの施設『Treehouse』の建設がはじまりました。

ツリーハウスには300席のレストラン、インドアとアウトドアのラウンジ、スポーツバー、ナイトクラブ、プールのあるディクラブ、プライベートルーム、コンベンションルーム、ポーカーマシーンルームなどがつくられるようです。

総工費700万ドル。2019年3月オープン予定

 

リンクプロムナードに巨大キャンディストアがオープン

巨大観覧車が目印の歩行者天国「リンクプロムナード」に、2階建て巨大キャンディストア『I LOVE SUGAR(アイ・ラブ・シュガー)』が2019年春、オープン予定。

どのくらい巨大かというと、どうやら世界一広いキャンディストアだということ。
キャンディ入のカクテルが飲めるバーが併設されるので、甘いものが好きでない人も楽しめるかもしれません。
場所はフラミンゴホテルの隣。以前ギフトショップ、その前はキットソンがあったところです。


また、リンクプロムナードでは東南アジアがテーマのアトラクション『カインド・ヘブン』が2019年8月に、ZIPラインが今年末にオープン予定。
関連記事:リンクプロムナードの新アトラクションは東南アジア×テクノロジー

リンクプロムナード完全ガイド 食べて・買って・遊ぶ!

2018.02.21

 

ストリップにディスカウントストア「ターゲット」が進出

ディスカウントストアの『Target(ターゲット)』は1日、パークMGMホテルの向かい側あたりに、ストリップ地区初の店舗をオープンさせると発表しました。
通常のものより小規模な店舗となり、開業は2020年の予定。


店ではおみやげ的なもの、食品、薬や化粧品類、アパレルなどを扱い、オンラインで注文したものの受け取りも。

ターゲットといえばデザイナーとコラボした商品を毎春発売。
過去にはマリメッココラボの雑貨、ヴィクトリア・ベッカムやフィリップ・リムコラボのアパレルなどもありました。
毎回話題になるコラボアイテム、この店舗でも購入できるのでは?

また、ターゲットができるあたりはアパレルの「ロス」と「マーシャル」、シューズの「フェーマスフットウェア」がある一大ディスカウントストア地帯。
お買いものがますます楽しくなりそう!

ターゲットはラスベガスに14店、全米に1,800店以上を有するディスカウントストア。小規模店は都心や大学の近くなど全米で70店を展開しています。

 

ステーキハウス「スミス&ウォレンスキー」ベネチアンのショピングモールに再オープン

パークMGMホテルの向かい側あたりに(上の記事のターゲットが開業する場所)あり、昨年5月に惜しまれつつ店を閉じたステーキハウス『Smith & Wollensky (スミス&ウォレンスキー)』が、グランドカナルショップス(ベネチアンホテル)に2019年春、再オープンします。

新しい店舗は2階建て、運河を見下ろすことができる場所だそう。

スミス&ウォレンスキーはニューヨークで1977年に創業。現在、国内とロンドンに10店舗を展開。ラスベガス店は1998年12月にオープンしました。
創業した店は映画「プラダを着た悪魔」に登場するそうです。

ソース:Returning to Las Vegas with New Location in Spring 2019