ラスベガスのコロナ感染対策について/アメリカ入国・日本帰国時の措置について

【2022】初夏の夜はジャズが似合う~無料野外コンサート開催

jazz in the park

ダウンタウン地区、プレミアムアウトレット・ノースの東側に位置するクラーク郡ガバメントセンター野外ステージでは、毎年5月-6月に観覧無料のジャズコンサートシリーズ「Jazz In The Park Seriesジャズ・イン・ザ・パーク)」を開催。

今年で32年めを迎えるこのコンサートは、芝生に座りピクニック気分でジャズを聴くことができる人気のイベントになっています。

初夏の夜、ひとときジャズに浸ってみては?

※観覧無料ですが入場者数を制限するためチケットが必要です。




ラインナップ/チケットについて

野外ジャズ・コンサート
コンサートに出演したノーマン・ブラウン 動画 2019年5月11日

観覧無料、年齢制限無し
開場:午後5時か午後6時ごろ
ショー:前座 午後6時30分ごろ/ヘッドライナー 午後8時ごろ
前座はラスベガスアカデミージャズプログラムの生徒。ヘッドライナーのショーは1時間半くらい。

コンサートはクラーク郡のフェイスブックページ”clarkcountyparks”にてライブストリーミングの予定。

ラインナップ

5月

7日 Nestor Torres
14日 Down To The Bone
21日 Jarrod Lawson
28日 Eric Darius

6月

4日 Spyro Gyra

チケット入手

入場者数を制限するためチケットが必要です。
チケット入手はクラーク郡のウェブサイトから。

また、CDCアメリカ疾病予防管理センターが公表した感染防止のガイドラインを守ることが義務付けられています。



コンサートに行くなら

いつ頃までに行けばいい?

jazz in the park
良場所ゲッツは早め到着を 2021年5月29日午後8時20分

良い場所を取ろうと思ったら早く着くことに越したことはありません。

30年以上続くこのコンサート、常連ほど良場所・お気に入りの場所を確保するため早い時間から会場にかけつけます。午後2時にはすでに並んでいる人がいるもよう。

入場者数の上限が設けられているため、いつ入場しても”座るところがない。。。”という状況にはならないです。

持ち物

jazz in the park
みんなピクニック気分 2021年5月29日午後7時30分

座るもの

会場は芝生広場。イスなどの用意はありません。なのでシートや背の低いチェアの用意を
テーブルが芝生の周りにありますが、早い時間に並ばないと確保できません。

フード、ドリンク

野外ジャズ・コンサート
テーブルクロスを持ち込んで本格的ディナーのグループ

持ち込み可お酒も持ち込むことができます。みんな大きなクーラーボックスで持ってきていました。

フードとドリンクは会場で買うことができますが、それぞれブースが1店ずつしかないため休憩時は長い列ができます。

野外ジャズ・コンサート
ブースは芝生の周りの通路に

食べ物だけでなくTシャツやアクセサリーなども出店してました。
フードはアウトレットで何かテイクアウトしても。

ほかに持っていった方がいいものは

場所によっては日没近くまで陽があたり暑いです。帽子、サングラスもあった方がいいでしょう。




ガバメントセンター行きかた

野外ジャズ・コンサ=と
この建物がガバメントセンター

会場:Clark County Government Center(クラークカウンティ・ガバメントセンター)Amphitheater
プレミアムアウトレット・ノースの東側
住所:500 S. Grand Central Parkway

パーキング

ガバメントセンター南にある駐車場を利用。駐車料金無料。

タクシー・ライドシェア(ウーバー、リフト)

タクシー
行きは問題なくても、会場に帰りのタクシー乗り場はありません。
アウトレットにタクシー乗り場あり。ただし営業は午後9時まで

ライドシェア
帰りも呼ぶことができます

路線バス

SDXは廃止されました。
ストリップからならDUCEに乗りダウンタウンのBonnevill Trensit Centerで401に乗り換え
またはニューヨークニューヨークホテル前からCXに乗車(1時間ごと)

帰りはタクシーやライドシェアの利用を。