ラスベガスのコロナ感染対策について/アメリカ入国・日本帰国時の措置について

ラスベガスの新しい遊び場「エリア15」はアートとエンタメの施設

エリア15

UFOを製造しているとか宇宙人をかくまっているとか、多くの噂と謎が存在する空軍基地「エリア51」。ラスベガスからクルマでわずか3時間のところに位置します。

その基地とはなんら関係のない(と思われる)、しかしインスパイアされたような名称をもつエンターテインメント施設「Area15エリア15)」が2020年9月17日、ストリップ地区のすぐ西にオープンしました。

名称からでは何をやってるとこなのかまったく想像のつかない、エリア51くらい謎の多い「エリア15」とはいったい何なのでしょう?




エリア15ってなに?

エリア15屋内

「エリア15」はアートとアトラクション、飲食と買い物も楽しめる複合施設。

エリア15プロパティマップ
メインビル プロパティマップ 2022年4月25日時点

アトラクションは「Omega Mart(オメガマート)」をはじめアート的なもの、アートと音楽の融合的なものが多い印象。
そのほかオノ投げゲームやゴルフシュミレーターのような、ラスベガス初登場(多分)のものも。

レストランは「オリーブ」(ベラージオホテル、2018年閉店)を手掛けたトッド・イングリッシュが、カジュアルレストラン「The Beast(ザ・ビースト)」をオープン。
スターシェフの料理をお手頃価格で楽しむことができます。

最近ではメインビルの外にもアトラクションをオープン。まだまだ拡大を続けています。

入場料・チケットについて

チケットチェック
入場前のチケットチェック

エリア15の入場は無料ですが入場チケットが必要です。午後10時以降の入場は21歳以上のみ、ほかの時間に年齢制限はありません。
※金・土の午後10時以降は有料。
また、ほとんどのアトラクションは有料です。

  • 日ー木の全時間帯/金ー土の午後9時59分までの入場
    入場チケット:グループに1枚必要。
    ただしアトラクション・イベントのチケットや予約がある場合は不要。
  • 金ー土の午後10時以降の入場
    入場チケット:一人1枚必要。料金はネットで購入できる前売り10ドル、現地で買うと15ドル
    ただしアトラクション・イベントのチケットや予約がある場合は不要。
  • 入場チケット・アトラクションのチケット購入
    エリア15ウェブサイト(https://area15.com/)から
    アトラクションのチケットはアトラクション前にあるモニターでも購入できます

 

おかわり放題!の水

オリジナル水ボトル

エリア15オリジナルボトルに入った飲料水「Pathwater」(写真左、6ドル)を、ギフトショップやバーで販売しています。
飲み終わったら、トイレ前にある水汲み場で水のおかわりが可能。水はクセがなく飲みやすい。

アート作品

ぼろぼろの軍用機
壊れた軍用機 エリア15の偉い人がネットで購入したらしい

エリア15で注目はなんといってもアート。パーキングにボロボロの軍用機が展示されていたり、敷地に入った瞬間から漂うアート感…

施設入り口から建物前まではフェスティバルスタイルの野外ギャラリー。そして屋内は全部が”アートじゃない?”と思うほど。

一部作品は購入することができるようです。商談はエリア15ウェブサイトから。

野外ギャラリー アートアイランド

エリア15入場の列

パーキングから建物前までにつくられた、屋外ギャラリー「アートアイランド」には7点の作品を展示。無料で観覧できます。

入り口アーチがアート

エリア15入り口に立つ高さ6mのアーチ。光を受け地面をカラフルに染めます。照明があたる夜はもっときれい。

エリア15入り口
作品名:Pulse Portal 作者:Davis McCarty

万華鏡の中へ

小ぶりな箱の中を通り抜けるインスタレーション。中は無限に広い。

箱の中は無限に広い
作品名:Infinity Ship No.1 “Perception” 作者:Matt Elson

大きすぎて何かわからない…

大きすぎて接近したままでは何かわからない作品。

びばラスベガス
さて↓は何でしょう?昔のラジオではありません
大きすぎて何かわからない
作品名:Mechan 9 作者:Tyler Fuqua Creations

↑の写真、向こうに見えるドラゴンは高さ4.5m、Ivan McLean作 ”El Scorcho”

ロボット
びばラスベガス
正解は横たわるロボットでしたー
ロボットは謎文字で書かれたメッセージを発信しています。文字を解読してメッセージを受け取って。
ヒントはロボットの頭部”?”マーク(写真の○)の扉の中に。

ロボット
謎文字プレート。数枚あり
ロボット
ヒントはこの中

ラスベガスサイン

ギャラリー最後はラスベガスサイン。フォトスポットにもなっています。

ラスベガスサイン
作品名:Welcom  to Fabulous Las Vegas 作者:Tomas Toulec

屋内の作品

ちょい怖いスカルが出迎える

建物に入ったところで出迎えてくれる高さ3.6mのスカル。3Dプロジェクションマッピングをもちい、ざまざまな表情を見せます。
作品名:Shogyo Mujo 作者:Bart Kresa Studio & Josh Harker

ステンレスのクルマ

もともと”バーニングマン”のためにつくったステンレス製のクルマ。作者は地元ラスベガスのアーティスト。
クルマは屋内に1台、同じシリーズ(だと思われる)が建物を通り抜けた「A-LOT」という野外スペースに2台。
作品名:Valayrain Steel 作者:Henry Chang

鉄のクルマ
鉄のクルマ

屋内に入ったら壁にも注目。ポップでカラフルな壁画やオブジェが壁一面に。




遊ぶ

アトラクション

Omega Mart(オメガマート)

オメガマート
スーパーマーケット「オメガマート」

サンタフェを拠点とするアートとエンターテイメント集団”Meow Wolf(ミャオウルフ)”が手掛ける没入型アートスペース。

エマージェンシークラム缶
貝の缶詰「Emergency Clams」は3.99ドル。中身なし。缶がアートなのだ

アートスペースは2階建て。スーパーマーケット「オメガマート」から入り、スーパー運営会社のオフィスや工場、工場が建つ小さな村をめぐります。
スーパーで売っている商品は本当に購入することも。

時間:毎日 午前10時-午前0時(最終入場は午後10時20分)
入場料:大人14歳以上 55ドル/子供4歳-13歳 50ドル/子供4歳以下 無料/シニア65歳以上 50ドル/ローカル割引あり

オメガマートの隣にギフトショップあり。ここではオメガマートの商品のほか、ミャオウルフのアイテムを扱っています。

Wink World:Portals Into the infinity

ブルーマングループの共同創業者でありチーフクリエイティブオフィサーでもあるクリス・ウィンクがつくる、サイケデリックな世界を旅するエキシビジョン。

ウィンクワールド
ウィンクワールド入り口

光と色と音楽が織りなす6つの部屋をめぐります。クロマデプスグラス(3Dメガネ)が別料金(2.5ドル)で利用可。

アトラクションのそばに蛍光アイテムのキオスクが出てます。あらかじめ購入して身につけていけば、ますます楽しいはず。

ウィンクワールドのキオスク
蛍光アイテムが揃っています
時間:日ー木 正午ー午後11時30分/金ー土 正午ー午後11時45分
入場料:大人 20ドル/子供12歳以下 16ドル/シニア65歳以上 20ドル

プロジェクションマッピングをもちいた「Gallerie 36」もアートと音楽融合系のアトラクション。

Dueling Axes

オノ投げゲーム。オノを数メートル先の的に向け投げ点数を争う。

オノ投げゲーム
ターゲットに当てろ

オノは安心のニセモノを使用。しかし、ずっしり重く刃はそれなりに鋭利。腕がぷるするぜ

オノ投げゲーム
女子は両手投げしてました

オノと一緒にストレスも投げろー!

時間:月-水 午後5時-午後9時/木 午後4時-午後10時/金 午後5時-午前0時/土 正午-午前0時/日 正午-午後8時
利用料:1時間 35ドル~/2時間 59ドル~
ローカル割引:利用料20%割引き。ウェブで予約し入場時にIDを提示
レディースナイト:ウェブ予約で女性4人以上のグループは毎週水曜に30%割引き。ワイン付き

Birdly

空を飛ぶ体験ができるVR。ニューヨークか雪山を選べ飛行時間は2分くらい。

VR体験 バードリー
空を飛ぶ体験
時間:月-木 正午-午後11時45分/金 正午ー午後11時59分/土 午前10時-午後9時59分/日 午前10時-午後11時45分
料金:大人 13.5ドル/12歳以下 10.25ドル/65歳以上 12ドル
利用条件:身長 122cm以上/体重 179kg以下

VRを使ったアトラクションは、グループでミッションに立ち向かう「Oz Experience by Backlight」がオープン済み。もうひとつが準備中。
Particle Quest」ではAR拡張現実を体験できます。

Haley’s Comet

空から屋内をぐるっと一周するアトラクション。

エリア15
屋内を空中散歩
時間:月-金 正午-午後11時45分/土-日 午前10時-午後11時45分
料金:大人 18ドル/12歳以下 12ドル/65歳以上 16ドル
利用条件:身長 137cm~196cm/体重 36kg~120kg

Liftoff

LLiftoff

エリア15正面玄関のすぐ前にある屋外アトラクション。2022年2月オープン。

気球型ライドに乗りおよそ40メートル上空へ。頂上ではシートがゆっくり回転し、どの席に座ってもラスベガスの景色を360度見渡せるはず。離陸から着陸まで10分間のもよう。

空中ではお酒を飲むことも。ライド乗り場はバーの中なので、すぐにお酒が買えます。
ライドは足元に床がありません。酔っぱらい注意!

時間:月-木 午前11時-午前0時/金 午前11時-午前2時/土 午前10時-午前2時/日 午前10時-午前0時
料金:大人 13ドル~/12歳以下が大人と同乗 身長105センチ以上、大人のチケット購入で無料/12歳以下が一人で乗車 身長120センチ以上、チケットは大人と同額、/65歳以上 9ドル~/ローカル 9ドル~

ほかには、メインビル内にゴルフシュミレーターとゴルフレッスンを受けることができる「Five Iron Golf」、脳が考えていることを何かする「Brainstorm」が営業中

ゲーセン

Emporium

エンポリウム
ビリヤードは2階で

「エンポリウム」は21歳以上のみ入場できる2階建てゲームセンター。クラフトビールとカクテルを提供するバーを併設。

パックマン
4人まで一緒に対戦!パックマン

およそ30台のビデオーゲーム、ピンボール16台、ビリヤードなどで遊ぶことができます。

トークン交換機
トークン交換機は現金のみ利用可

入場は無料ですが、ゲームは有料。プレイするにはトークンを使用します。
必要トークン数はピンボールが2枚、テーブルサッカーが4枚。

エンポリウム
スカルの絵は2階

13人のアーティスト(うち11人がローカル)が描いた壁画にも注目。あの日本のロボットアニメを彷彿とさせる絵も。

エンポリウム入り口
入場制限のため週末の夜は待ち時間があるときも
時間:日-木 ~午前2時/金ー土 ~午前3時
入場料:無料
入場条件:21歳以上。入場時にIDを提示

期間限定イベント会場

Portal

ゴッホ自画像

世界中で高い人気を誇る、後期印象派の画家フィンセント・ファン・ゴッホの没入型デジタル展覧会「Van Gogh: The Immersive Experience」を開催中。

300点あまりの作品が35分間、音楽にあわせ投影されます。

Museum Fiasco

2022年まで音と光のインスタレーション「Cluster」を公開中。12分間。

時間:毎日 正午-午後11時
入場料:大人 17ドル/子供6歳-12歳 5ドル/1日券 18ドル

A-LOT

A-LOT
A-LOT

エリア15の建物を通り抜けたところにある野外スペース「A-LOT」でも期間限定イベントを開催。

イベント詳細・チケット購入はエリア15のウェブサイトから。




食べる・飲む

エンポリウム内バー
ゲーセン「エンポリウム」内のバー

レストランは1か所だけ、バーはほとんどのアトラクションに併設されています。

食べる

フードはトッド・イングリッシュのカジュアルレストラン「The Barst」とアイスクリーム屋さんのみ。

The Beast by Todd English

「ザ・ビースト」はスターシェフ、トッド・イングリッシュが手掛けるカジュアルレストラン。
※ビーストの料理はバー「Oddwood」と「Sanctuary」でもオーダーすることができます。

ザ・ビースト

ハンバーガーやチキンウイングなどのアメリカン、ピザやパスタなどイタリアンからコリアンコーンドッグ、フライドライスといったアジア料理まで幅広い。

値段は多くの料理が20ドル台までというお手頃価格。キッズメニューもあり。

ドライエイジドハンバーガー
Dry Aged Beef Burger 19ドル

ハンバーガーの上にささっているのはポテトをあげたもの。全種類のハンバーガーの上に立っているもよう。
バーガーはもちろん、このポテトも美味しくいただきました。

コリアンウィング
Korean Wings 14ドル

ウィングってチキンのことですが、コリアンウィングはカリフラワーを甘辛ソースでからめたもの。ソース濃いめ。

ビール
Golgen Road Mango Wheat Ale(左)8ドル、Stone salt & Lime(右)8ドル

酒類はビール6ドル~、グラスワイン10ドル~、カクテル15ドル

時間:月-金 午後4時-午前0時/土 正午-午前0時/日 正午-午後10時分
予約:不可(2021年3月1日時点)

Emack & Bolio’s

エリア15

アイスクリームとヨーグルト屋さん。アイスクリームは5ドル~

飲む

施設内でバーは「Oddwood」1か所だけですが、多くのアトラクションにバーが併設されています。飲むところには困りません。

Oddwood

エリア15のほぼ中央で存在感をはなつ高さ7m、5000枚の葉が茂るメープルツリーの下にあるバー

Oddwoodバー

ツリーの葉には合計5万個のLEDライトを搭載。さまざまな色に葉を染めていきます。

Oddwoodバー

値段はカクテル 13ドル~、ビール 9ドル

Oddwoodバー
右のカクテルはAki Rose

ダウンタウンで数多くのおしゃれバーを展開するCorner Bar Managementが運営

バーの隣にある「Sanctuary」でもOddwoodの酒を飲むことができます。
Sanctuaryは風に舞い上がるテントのような形のアート作品。中はテーブル席。

Sanctuary
作品名:The Sanctuary 作者:Ibuku Design studio

支柱には竹が使われ、庭のように緑が多く、テーブルはゆったり配置。バリのアーティストがつくる癒やしの空間でゆっくりしたくなるかも。



買う

オメガマート ギフトショップ

ギフトショップ

オメガマートのギフトショップ。展示会場の外にあるので、チケットがなくても利用できます。

オメガマート

オメガマートの一部商品とミャオウルフのオリジナル商品を扱う。

オメガマートギフトショップ

かわいいものからちょっとキモいものまであります。

Kappa Toys

Kappa Toys

カッパトイズはファッションショーにも店舗を持つ雑貨屋さん。
エリア15店ではおもにグリッターな雑貨を扱っています。

カッパトイズ

暗い店内で光る。日本の雑貨もありました。

Rocket Fizz

ロケットフィズ

駄菓子屋的なお菓子と雑貨の店。

ロケットフィズ

カラフルな店内は見てるだけでわくわく

ロケットフィズ

おもしろ雑貨好きなら欲しくなるはず。

Wild Muse

ワイルドミューズ

エリア15のオリジナルアイテムを販売。Tシャツは25ドルくらい

エリア15グッズ

ほかの取り扱いはエコフレンドリーな商品、手作りのアパレルやアクセサリー、小物など。
アパレルとアクセサリーは「ここでしか売っていない」的なものが多数ありました。

ワイルドミューズ
ワイルドミューズ

エリア15 インフォメーション

エリア15
宇宙船ぽい通路を通り内部へ

インフォメーション

  • 時間:月-金 正午~/土-日 午前10時~
    ※午後10時以降は21歳以上のみ入場可
    ※開園時間は変更されることがあります。ウェブサイトで確認を
  • 入場:無料(要チケット)※金・土の午後10時以降は有料
  • アトラクション:ほぼ有料
  • チケット入手・購入:エリア15ウェブサイト(https://area15.com/)から
    アトラクションのチケットはアトラクション前のモニターでも購入可
  • 無料wifi:有り ”A15-Guest”を選択
  • 住所:3215 S Rancho Dr, Las Vegas, NV 89102

行き方

ライドシェア乗り場
ライドシェア乗り場

エリア15はフリーウェイ15号線のすぐ西、ファッションショーモールからおよそ2kmのところに位置。行くならクルマかタクシー、ライドシェアの利用を。

ファッションショーあたりから徒歩で行くのは、人気のないところを歩くことになるのでおすすめできません。
また、RTCバスのバス停も近くにはありません。

  • 駐車場:無料 900台が駐車できるパーキングが敷地内にあり
  • ライドシェア:問題なく呼ぶことができます。帰りの乗り場は正面玄関を出て右側
  • タクシー:タクシーは待機していません。帰りはライドシェアを利用して