ラスベガスのコロナ感染対策について/アメリカ入国・日本帰国時の措置について

【2022】食べてチャリティー!ラスベガス・レストランウィーク

レストランウィーク

食べることがチャリティーになる『Las Vegas Restaurant Week(ラスベガス・レストランウィーク)』が、2022年6月6日から6月17日まで開催。一部のレストランが6月24日まで延長しました。

このイベントは、レストランウィーク用メニューを食べることで代金の一部がフードバンクに寄付される、というチャリチーイベント。
2007年からはじまり今年で15回め。毎年一度、6月におこなわれます。

趣旨に賛同し、レストランウィークに参加するレストランの中にはスターシェフの店や有名店も。レストランによっては、イベント用にメニューが安めの価格で提供されたり。

お得に食べることができ、それがチャリティーになるといいことずくめ。
どこで食事するか悩んだら、レストランウィークに参加している中から選んでみて。




チャリティーするには

レストランウィーク
「Las Vegas Restaurant Week」用メニュー

支援や寄付のために何か特別なことをするわけではありません。参加レストランに行き、レストランウィーク用のメニューをオーダーするだけ

レストランはメニュー代金の中から4ドルから6ドルを地元のフードバンク「Three Square Food Bank」に寄付。
スリースクエアは1ドルにつき3食までを困窮している人々に提供することができるそうです。
レストランウィークを通じ今までにおよそ500万食を届けました。




参加レストラン

レストランウィーク
スターシェフのレストラン「LAGO」も参加

ストリップ地区をはじめ、ラスベガス全域から150店以上がこのチャリティーイベントに協賛。
「行きたいけど、ちょっと敷居が高いかも」と躊躇していたレストランで、この機会に食事してみては?

参加レストラン、メニューの確認:Las Vegas Restaurant Week

スターシェフ/有名店

※5月23日時点

人気シェフの店や有名店は混んでいることが多いので、予約することをおすすめします。
予約はレストランウィークウェブサイトのメニューページの下にある「Open Table」などから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。