華やか!エクストラバガンザはラスベガスがつまったショー

エクストラバガンザ

ラスベガスが閉まる前夜、2020年3月14日にオープンしたショーがあります。それが「Extravaganza — The Las Vegas Spectacularエクストラバガンザ・ラスベガス・スペクタキュラー)」(バリーズホテル)
1度公演しただけで休演を余儀なくされたショーが再び開いたのは、8か月後のことでした。

32人のパフォーマーが出演するエクストラバガンザは、ダンスとトリビュート、アクロバット、そして思わず息を止めるほど危険なパフォーマンスが混在するバラエティショー。

エクストラバガンザには”派手な・豪華な”という意味がありますが、まさにそのとおり。大型3D-LEDスクリーンや衣装が色鮮やかなこともあいまり、華やかなショーという印象です。

 

エクストラバガンザについて

どんなショー?

ストーリー

エクストラガバザンナ

バスから物語がはじまりバスで終わる

人生最悪と思われたある雨の日、自分の傘をホームレスに差し出した若者は、お礼に長距離バスの片道切符をもらう。
行き先はラスベガス。彼は迷わずバスに乗り込んだーーー

カジノシーン

カジノで一攫千金!

ここからはじまる物語は、キラキラ輝くカジノやダイナー、ショールームを舞台に、たくさんのダンスと少しほろりとするロマンスが交錯します。

英語はほぼ不要

ダイナーでダンス

ダイナーでダンス

ショーは基本、ダンスやアクロバットなどのパフォーマンスで進行するため、セリフはほとんどありません。

皿回しパフォーマンス

コメディ的な演目は少なく、それも”アメリカンジョークで場内爆笑”といったトークではなく、パフォーマンスで笑いをとりにきます。

ショーのプロデューサーHanoch Rosènnは、”WOW – The Vegas Spectacular”(リオホテル)もプロデュース。
そのためスクリーンに”WOW”の看板がたびたび出てきます。

WOWの看板

スクリーンに’WOW”の文字

 

どんなパフォーマンスがあるの?

ショーガール

ショーガール

花火よりゴージャス!ショーガール

男性が訪れた頃のラスベガスは、きらめくネオンとショーガールの時代。
羽の衣装をまとう女性たちが登場するとステージが一気にゴージャスに。

大御所が出演

ホログラムのプレスリー

ホログラムのプレスリーは似てない寄り

ラスベガスの歴史に燦然と輝く大スターがホログラムで復活。
レジデンシー公演をおこなったエルビス・プレスリーとフランク・シナトラに加え、マリリン・モンローも出演。

マイケル・ジャクソン

MJのパフォーマンス

This is it !

マイケルもまたラスベガスに欠かせないスター。亡くなる少し前までの数年間をラスベガスで過ごしました。
マイケルもホログラムで出演します。

アクロバット

アクロバット

アクロバットから目が離せない

鍛え上げた肉体のみを使うアクロバットに拍手喝采。
ポールを使うものやローラースケートを履いたアクロバットも。

危険なパフォーマンス

クロスボウ

クロスボウ

この風船割りはまだ序盤にしかすぎない

オーデション番組”アメリカズゴットタレント”のファイナリスト、シルビア・シルビア(写真右)が出演。

クロスボウを使い風船などを割る演目。いくつかの的を割っていくうちに難易度が上がり、最後はひとりウイリアム・テル状態に。

グローブオブデス

グローブオブデス

球体の中を何周も走行

「グローブオブデス」とは、球体の中を数台のバイクが同時に走る演目のこと。名称からもやばすぎる雰囲気が漂う。

ショーでは、それほど大きくない球体の中を3台のバイクが爆走。
事故を起こすことなく無事に走り切ることができるのか?手に汗を握るパフォーマンス!

影絵

ラブストーリーも

ロマンチックな影絵のシーン

鮮やかな色彩のステージを見続けたため、照明を落とす影画はほっとする優しいシーン。

 

インフォメーション

シアターについて

エクストラガバザンナ

前の人の背が高すぎて微妙に見えないよー

ショーがおこなわれるJubilee Theater(ジュビリーシアター)は座席数1000のクラシックな劇場。

ステージ前はテーブル席3列が占めその後1列はブース、その後ろが普通の座席。
列数は普通席のいちばん前からA・B・C・・・となるため、A列の座席ならステージ最前列ではなく、普通席の一番前ということになります。

ジュビリーシアター

ジュビリーシアター

床の傾斜がゆるいのか、前の人が背が高すぎたりすると、前の人の頭で一部視界が遮られるのが気になりました。満席になることはほぼなさそうなので、見にくいようなら劇場スタッフに座席を変更できるか相談してみて。

 

Jubilee!時代のショーガール

ジュジリー!ショーガール

エクストラバガンザの劇場は、2016年まで「Jubilee!(ジュビリー)」というショーがおこなわれていたところ。

ショーガール100人が出演したゴージャスなレビューショーは、1981年から35年にわたり上演。ラスベガス史上もっともロングランとなりました。

バリーズホテルのカジノフロアにはジュビリーに敬意を払い、ショーガールの衣装が展示されています。

 

インフォメーション

シアター前

シアター前にもショーガール

新型コロナ感染防止対策

ワクチン接種証明や陰性証明の提示はありません。(2021年11月1日時点)
要マスク着用。劇場内にハンドサニタイザーがありました。

写真撮影

写真撮影はできますがフラッシュを使った撮影は禁止。ビデオ撮影も禁止。
写真を撮ったらSNSにどんどんあげて欲しいそう。

チケット購入

購入は「チケットマスター」、またはディスカウントチケットの「Vegas.com」で。

インフォメーション

  • 開催日:日曜-土曜 ※休演は日曜または月曜
  • 時間:月曜・水曜・木曜・日曜 午後8時/火曜・金曜・土曜 午後7時・午後9時30分 ※変更の場合あり 90分間
  • 劇場:ジュビリーシアター(バリーズホテルカジノ階)
  • 年齢制限:5歳以上