ラスベガスのコロナ感染対策について/アメリカ入国・日本帰国時の措置について

ラスベガスニュース 2022年8月 随時更新

ウェットリパブリック

ラスベガスの最新情報とニュースをお届けします。

今月以外のニュースはニュースアーカイブ

写真はウェットリパブリック(MGMグランドホテル)

ラスベガスエリア新型コロナ発生状況

9月28日発表 ※週1回水曜日発表 

南ネバダ保健局はラスベガスエリアの公共の屋内ではマスクの着用を推奨しています

1日の新規感染者数2週間平均 74人(先週は96人)
感染者数累計 578,204人
入院患者数 87人(先週より0人減)

F1ラスベガスグランプリ チケット先行販売の事前登録はじまる

2022年8月30日

来年11月に開催されるF1ラスベガスグランプリ。10月に予定されているチケット先行販売にアクセスするための事前登録が、29日からはじまりました。

もし観戦しようと思うなら事前登録をしたほうがいいかもしれません。
観客のキャパシティはおよそ10万人ですが、ラスベガスGP側はチケット購入希望者はキャパシティを上回ると見ています。

レースは2023年11月の土曜夜の予定。開催日はまだ発表されていません。

登録方法

登録は上のTwitterのリンクから。チケットマスターのアカウントが必要。

事前登録の際、7ドル77セントの寄付を求められます。この寄付金はラスベガスグランプリ基金を通し、困窮する人々に食料を支援する地元の団体におくられます。
寄付金は事前登録開始から24時間で100万食以上を提供できるほど集まったそう。

シーザーズパレスの正面玄関改装 ほぼ完成

2022年8月27日

明るくなった正面玄関
シーザー像もピカピカに 2022年8月18日

昨年夏からおこなわれていたシーザーズパレスホテルの正面玄関周辺改装がほぼ完了し、ゴージャスに生まれ変わりました。

正面玄関ドア
ホテル内の明るさが伝わる正面玄関ドア 2022年8月18日

ホテル正面玄関のドア(タクシー乗り場前)を開ける前から、すでに明るさが伝わる感じ。

新しくなたシーザー像
シーザー像前集合で 2022年8月18日

ホテルを見守るシーザー像の周りは2月に改装が終了。

以前は薄暗い中ぽつんと立っていたシーザー。今は豪華なシャンデリアの下、台座に乗り高さが4.5メートルに。像はブロンズ色から白に化粧直し。お客さんが集まる場所になりました。

シーザー像360度
シーザー360度 2022年8月18日

シーザーの頭上には天井画

頭上の天井画
頭上の天井画 2022年8月18日

像の向こうのテーブルゲームエリアはこのほど改装が完了。

テーブルゲームエリア
テーブルゲームエリア 2022年8月18日

このエリアの天井は1966年にホテルが開業した当時のデザインに戻されました。シャンデリアはクリスタルだけで100万ドル以上費やしたそう。

ロビーバーは工事中
新しいロビーバーがまもなくオープン 2022年8月18日

現在はロビーから延びるバーを工事中。9月オープン予定です。

シルク「ミスティア」 13000公演達成

2022年8月27日

シルク・ドゥ・ソレイユの「Mystère(ミスティア)」は20日、公演数が13000回に達しました。

ミスティアは1993年12月25日オープン。ラスベガスにおけるシルク6つの常駐ショーの中でいちばんのロングラン。
人間の限界に挑戦するようなアクロバットで魅せるショーです。

インフォメーション

  • 会場:TIトレジャーアイランドホテル1階 ミスティアシアター(座席数1500)
  • 日時:金曜-火曜 午後7時/午後9時30分 90分間
    ※水曜-木曜休み
  • チケット購入:トレジャーアイランドホテルのウエブサイトから
  • ディスカウントチケット購入:Vegas.comから
シルクドゥソレイユ LOVE

現金化されなかった賞金1年間で2200万ドル、それは誰のもの?

2022年8月26日

誰かが置いていったバウチャー
誰かが置いていったキャッシュアウトバウチャー マンダレイベイホテル

スロットマシンを終了するとき、マシンに残っているお金を払い戻すための「キャッシュアウトバウチャー」、おみやげとして持ち帰っていませんか?

現金化されないまま有効期限を迎えたバウチャーが、2022年会計年度(2021年7月1日~2022年6月30日)はネバダ州全体で2200万ドルだったことがわかりました。
ラスベガスレビュージャーナル紙が報じました。

ネバダ州ではバウチャーの換金期限は180日間。この間に現金化されなかった賞金は25%がカジノのもの、75%はネバダ州のものになり住民の暮らしに役立てられます。

賞金の配分は2012年会計年度から実施され、初年度の未現金化バウチャーの合計は420万ドル。
この10年、払い戻しされなかった賞金額は、ロックダウンの影響を受けた2021年度を除き毎年増加を続けています。

キャッシュアウトバウチャーはカジノのいたるところにあるATMで換金できますが、出てくるのは紙幣のみ。1ドル未満(コイン)はキャッシャーで現金化できます。

シティセンター向かいにラグジュアリーを建設

2022年8月23日

ハーモン通りからショーケースモール付近
ハーモン通りからショーケースモールあたり 2022年8月18日

シティーセンターの向かい側、ハーモン通りからショーケースモールまでの間が2つのプロジェクトにより新しくなります。
安価なギフトショップなどが並んでいるエリアからラグジュアリーエリアに変身です。

ハワイアンマーケットプレイス周辺

ハワイアンマーケットに隣接するビル
ハワイアンマーケットに隣接するビルも取り壊し 2022年8月18日

地味に人気のあったハワイアンマーケットプレイスからファットバーガー(ショーケースモールすぐ北)までのあいだが、ショップ・レストラン・エンターテイメント施設が入居した3階建てビルに。

ハワイアンマーケットプレイス周辺跡に建設予定

建設予定地にある店は7月はじめまでに営業を終了。今月中に取り壊しをはじめるようです。

オープン時期は発表されていませんが、ハワイアンマーケットプレイスの後ろに建つポロタワーがタイムシェアのオーナーに送ったメールによると、建設期間は15か月の予定。

同エリアはニューヨークを拠点とする投資会社Gindi Capitalが2019年に1億7200万ドルで購入。このプロジェクトが完成したのちには、新しいモールの後ろにホテルを建設する計画があるようです。

取り壊し直前のマーケットプレイスとケーブルセンター
閉鎖されたハワイアンマーケットプレイス 2022年8月18日
ケーブルセンター
ケーブルセンター 2022年8月18日
閉鎖したファットバーガー
ファットバーガーも閉鎖ずみ 2022年8月18日

ハーモン通りの南にホテルを建設か?

レストランは営業中
こちらの売却サイトはまだ営業中 2022年8月18日

ハーモン通りからハワイアンマーケットプレイスの手前まで、今年6月にゴールデンナゲットホテル(フリーモントストリート)のオーナーTilman Fertitta氏が2億7000万ドルで購入。

正式発表はされていませんがアップスケールのホテルを建設するとみられています。

ギフトショップも営業中 2022年8月18日

ハーモン通りとラスベガスブルバードの交差点やや東に建つトラベロッジの土地も売却ずみ。トラベロッジは6月末ごろ閉鎖しました。

1963年にオープンしたトラベロッジも閉鎖 2022年8月18日

ブルーノ・マーズが隠れバーにサプライズ出演

2022年8月16日

パークMGMで「シルク・ソニック」としてレジデンシー公演をおこなっているブルーノ・マーズが、コスモポリタンホテルの隠れライブバー「The Barbershop Cuts and Cocktails」にサプライズ出演しました。

ブルーノは13日の公演終了後、ユニットを組むアンダーソン・パークとともに登場。およそ10分間にわたりパフォーマンスをおこないました。

ブロンドヘアがアンダーソン・パーク

ブルーノはバーでSelvaRey Rum(セルバレイラム)をオーダー。このラムはブルーノが共同オーナーを務めるブランドだそうです。

The Barbershop Cuts and Cocktailsとは

「The Barbershop Cuts and Cocktails(バーバーショップ)」はホテル1階にある隠れライブバー。
表は理容店。本当に理容店として営業。そして奥にバーが潜んでいます。

バーバーショップ
バーバーショップ どう見ても理容店

隠れバーは禁酒法時代がテーマのインテリア。ウイスキーのセレクションが豊富です。

バーバーショップ 隠れバー
理容展の奥の隠れバー

バーの利用は店頭にいる人にバーに行きたいことを伝えて。秘密のドアへ案内してくれます。
※合言葉はありません

銃声のような音が響き空港が大混乱

2022年8月15日

14日早朝、ハリー・リード国際空港で銃声のような音が響いたことから、空港が一日中カオスな状態に陥りました。

警察は発砲はなかったと発表。パニックの原因となった音をたてた男は逮捕されました。

警察によると騒ぎが起こったのは14日午前4時30分頃。空港ターミナル1チェックインカウンター付近でゴミ箱が倒れたような大きな音が響き、これを銃声と勘違いした乗客がパニックに。
逃げるときに金属製ポストが倒され、さらに大きな音が響き、人々はさらに混乱。

セキュリティチェックのスタッフも逃げたため、チェックを受ける前の乗客が金属探知機を通過する姿も。
安全が確認されたあと全員がセキュリティチェックを受け直したそうです。

この日、搭乗ゲートに向かう乗客の列は駐車場まで伸びました。

14日にハリー・リードを発着したフライトは一日中混乱。FlightAwareによると55便以上がキャンセルされ、400便以上が遅延したようです。

銃声と勘違い騒ぎが続く

ラスべガスではこのところ発砲音と間違える騒ぎが立て続けにおこっています。

5月14日に野外フェス会場で虚偽の報告があり観客がパニックに。
7月は16日にMGMグランドで騒ぎがおきバリーズホテルまで波及。20日にはファッションショーでも発生しました。

8月4日にはミラージュホテルの客室で親族同士の争いから発砲事件が発生。1人が死亡、2人が負傷しています。

関連記事
MGMで銃声?ストリップ地区一時騒然

NFLオールスター 2023年もラスベガスで開催

2022年8月13日

プロボウル
プロボウル2022 アレジアントスタジアム 2022年2月6日

NFLのオールスターイベント「プロボウル」が2023年もラスベガスで開催されます。

日付は正式発表はされていませんが、毎年スーパーボウルの前週の日曜におこなわれるため2月5日とみられています。
オールスターゲームや各イベントなどの詳細も後日発表予定。

プロボウルをラスベガスで開催するのは2022年に続き2度め。2022年はオールスターによる試合、公開練習など一週間にわたりさまざまなイベントがラスベガス中でおこなわれました。

ラスベガス観光局によると2022年のイベントの経済効果は5470万ドル。州外から3万人が訪れたそうです。アレジアントスタジアムでおこなわれたオールスターゲームには4万6000人の観客が駆けつけました。

ブルーノ・マーズ ベラージオにラウンジをオープンか?

2022年8月12日

ブルーノ・マーズがベラージオホテルに自身の名前をつけたラウンジをつくるようです。
ラスベガスレビュージャーナル紙が関係者の話として報じました。

同紙によるとラウンジの名称は「The Pinky Ring by Bruno Mars」。場所はカジノフロアで現在「Lily Bar & Lounge」があるところ。オープン時期などは未発表。

ピンキーリングといえば、ラスベガスでMVを撮影した「24K Magic」に”ピンキーリング”という歌詞がでてきます。ビデオのはじめの方でピンキーリングをはめるシーンもあるし。

ブルーノ・マーズはパークMGMホテルにおいてレジデンシー公演を開催中。8月19日まで。

ベラージオの植物園で食事を

2022年8月12日

食事場所は○のところ
テーブルは○のところ。今は食事予約がないとここには入れません

もし新しいレストランを探しているなら、ベラージオホテルの植物園はどうですか?ディスプレーの中で食事ができるようになりました。

テーブルの場所はフロント側から植物園に入ると正面つきあたり、メインの展示物の横(写真○)。食事をしているところをみんなに見られそうですが、座っているとそれほど目立たないかもしれません。

テーブルからの眺め
テーブルからの眺め

料理は植物園の周りにあるレストラン~ブランチはニューヨーク発のカフェ「サデレス」、ディナーはセレブシェフの「マイケル・ミーナ」から運んできます。
どちらもコースメニューのみ

  • ブランチ 75ドル 毎日 午前9時-午後2時
  • ディナー 250ドル 水曜-日曜 午後5時-午後10時

予約はベラージオのウェブサイトから。現時点では2023年3月24日まで予約可。

ストラトホテル近くのショーガール看板 背の高さが2倍に

2022年8月12日

オリジナルショーガール
オリジナルのショーガール 2020年11月16日

ストラトホテル(旧ストラトスフィアホテル)の北にたち、ダウンタウンを訪れる人々を歓迎しているショーガールが近いうちに背が高くなります。

ラスベガス市によると新しいショーガールは身長15メートル。オリジナルの2倍の高さになるそう。

ショーガールがいるウエルカムサイトは2018年8月に完成。
オリジナルはすでに取り外しずみ。修復をおこなった後、アートディストリクトのゲートウエイとしてラスべガスブルバードと4thストリートに飾られる予定です。

ラスベガス市はこのプロジェクトの費用をおよそ63万ドルとみています。

タウンスクエアで野外映画会を開催

2022年8月12日

タウンスクエアでは9月-10月の金曜、家族で楽しめる野外映画会を開催します。入場無料。

上映開始は日没時とざっくり。映画の前に子供が遊べるアクティビティもおこなわれます。
※モール外からの飲食物は持ち込み禁止

  • 9月9日 SING/シング
  • 9月16日 ミラベルと魔法だらけの家
  • 9月23日 美女と野獣 ※実写版
  • 9月30日 アラジン ※実写版
  • 10月7日 長ぐつをはいたネコ
  • 10月14日 ホーカスポーカス

モンスーンシーズン 今年は雨が多い

2022年8月12日/16日更新

ルクソールホテル 2022年8月11日

砂漠の中に位置し雨が降らないイメージのラスベガスですが、夏はモンスーンのシーズン。カミナリをともなう大雨がよく降ります。降るときはホテルが雨漏りするレベルだったりします。

今年は雨量が多い

ラスベガス気象局によると、今年のモンスーンシーズンはここ10年でいちばん雨量が多いそう。

モンスーンシーズンは6月15日から9月末日までですが、8月12日までの合計雨量は32.5ミリ。シーズン合計雨量は平均で26ミリということなので、すでにいつものシーズンを上回る雨が降っていることに。

ミード湖の水が増えた

南ネバダ水道局によると、7月末の4日間に降った雨でミード湖の水位が10ミリ上昇した可能性があるとか。

また、8月3日から14日までの降雨は48センチの水位上昇をもたらしました。しかし1年前と比べ775センチ水位が下降しています。(8月16日時点)

日本でもニュースになっているとおり、干ばつの影響を受けミード湖は水量が激減。湖に沈んださまざまなものが露出した湖底から見つかっています。

7月時点のミード湖の貯水量は満水時の27%。たとえわずかな水量増加でもありがたいことです。

ラスベガス地区の水の90%はミード湖から引いています。しかし、これだけ危機的な状況におかれても、ラスベガスでは今のところ厳しい節水対策はおこなわれていません。

モンスーン